blog_view

So we beat on

hr
2014.05.22

So we beat on , boats against the current,borne back ceaselessly into the past.

 

 

だからこそ我々は前へ前へと進み続けるのだ。

 

流れに立ち向かうボートの用に、

 

絶え間なく過去へと押し戻されながらも。

 

 

 

「グレート・ギャッツビー」

フランシス・スコット・フィッツジェラルド

 

 

占いを求めてゴッホの船が京都につきました

「サント=マリー海の風景」ゴッホ 

 

 

 

これは小説「グレート・ギャッツビー」の

 

最後の一節です。

 

とても有名な小説で、内容も素敵です。

 

興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

 

京都の占い師HAMAは、何度も読んでいます。

 

そしてこう思います。

 

少しずつでもいいから前へ進み続けよう。

過去が懐かしくなっても未来に向かおう。

現実がどんなに辛くても走り続けよう。

前進こそが自分を救ってくれる。

 

そう自分に言い聞かせていたりします。

 

 

 

また、作中にはこんな言葉も出てきます。

 

 

 

———————————————————————

 

 

Her voice is full of money

(彼女の声は金の全てだ)

 

ファウスト・ゾナロが京都に占いをしにくる

「舟遊び」ファウスト・ゾナロ

 

良い意味で言っているのか、悪い意味なのか

そうした善悪ですらあやふやなところが、

金のようなものなのかもしれません。

 

また、好きな女の喜びの声を聞くためなら

どんなにお金をつぎ込んでもいいし、

感嘆の叫びのためなら全財産をかけてもいい

そう本気で思うものなのかもしれません。

 

 

 

———————————————————————

 

 

Whenever you feel

like criticizing any one

  

Just remember

that all the people in this world

haven’t had the advantages

that you’ve had.

 

 

もしも誰かのことを非難したくなったら

 

世界中の誰もが自分と同じように

恵まれているわけじゃない

ってことを思い出してごらん。

 

京都の草原に座る少年が占いをしている

 

「草原に座る少年」ゴッホ

 

作品の冒頭の印象的な一節です。

この言葉のとおりに誰もが寛容ならば

世界に喧嘩や諍いはないかもしれません。

ただ、心がけ次第でそれは可能です。

なるべく… できるかぎり…

相手の立場を考えて思いやること…。

 

 

 

———————————————————————

人生の格言

HAMAが選ぶ格言集

京都の占い処Key&Doorへ行く

トップページ

インフォメーション

プロフィール

占術紹介

対面鑑定メニュー&料金

電話占いメニュー&料金

オンライン(メール)鑑定

占い教室

営業時間

占いでよくある相談

———————————————————————

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせ&ご予約は↓

 

 電  話

 

 075-755-2404

 

 

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

 

hr
totop