黒田官兵衛「人に媚びず、富貴を望まず」

hr
2014.05.30

人に媚びず、富貴を望まず

 

黒田官兵衛が京都の占いで戦をみつめる 

黒田官兵衛

(黒田孝高)

(黒田如水)

 

 

豊臣秀吉が天下統一を果たした武将ですが、

その軍師・戦略家として黒田官兵衛を

知っている人はなかなかいないでしょう。

 

 

「松本人志が官兵衛を熱く語る」

 

 

どういう人かというと

織田信長が有名なこの時代の戦(いくさ)では、

侍が1対1で力勝負をする時代が終わり、

鉄砲や地理を活かして戦略で勝負する時代

になっていました。

孫子の兵法にもありますが、

 

戦って勝つのは次善、 

戦わずして勝つのが最善

 

ということです。

そういう時代の中で、黒田官兵衛は、

最も頭のキレる軍師で、

実力では最強の武将

であったということです。

 

京都の淀殿と占いで結婚した豊臣秀吉 

「秀吉に天下を獲らせた男」

と言っても過言はないでしょう。

歴史好きな方はご存知でしょうけども、

三国志などで有名な諸葛孔明も、

自分がNO.1(王様)にはなりませんでした。

漫画「幽遊白書」で蔵馬も、

「組織のカギは副将が握る」

と、言っています。

 

トップは、組織の表の顔でもあるので、

世間体とか評判のために、

実務能力を発揮しにくい立場でもあります。

なので、NO.2が重要になってきます。

NO.1になれば、歴史にも名前が残り、

富や財産にも恵まれ、女も寄ってきます。

 

黒田官兵衛はその実力があったにもかかわらず、

秀吉に尽くしました。しかし、報酬を望まず、

秀吉にとりいろうともせず

必要とされなくなると

隠居する潔さがありました。

 

*後の関ヶ原の戦いで

天下統一を目論んだが、

運悪く失敗しました。

 

長々と書きましたが、

黒田官兵衛のこの言葉には、

人に好かれようととりいったり、

富や名声を望むよりも、

大切なことがあると教えてくれています。

 

京都の占い店経営者兼鑑定師の

HAMAも見習いたいと思います。

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

諸葛亮孔明が京都駅から歩いて手相占いに行く

諸葛孔明
 
中国で最も有名で賢いとされるのは
劉備につかえた諸葛亮孔明でした。
孔明は頭脳明晰で人格者として
後の政治家や経営者に影響を与えています。
諸葛孔明も本来は莫大な財産を築いて
大金持ちとして豪遊生活をおくれたはず
ですが、自分の人生を国と王に捧げて
社会貢献をする道を選びました。
 
 
占いに行ってから京都の発掘にいく

発掘
 
古代の移籍発掘作業は
貴重な品物を探し当てて一発千金を
狙うという人もいますが
ロマンを追いかけている人もいます。
何千年前から眠っている白骨や
土器や武器を見つけることを
ゲームの世界のような冒険のように
工夫や努力で突き進んでいくのです。
ただ、そうした冒険心がなくなって
賞金を目的にする発掘者もいるので
そうなったら楽しくないでしょう。

 

 

黒田官兵衛を占う

 


 

 

姓名判断でみる

 

黒田官兵衛は名前を何度も変更して

色んな名前を名乗っています。

戦国時代は名前の変更はよくあることです。

 

 

黒田家は官兵衛の祖父の時代に大名の小寺に

仕えることとなり、高く評価されて、

息子(官兵衛の父)と小寺氏の養女は結婚して

小寺性を名乗ることになりました。

そして、息子には万吉と名付けました。

 

京都の姓名判断で小寺万吉の占いをする

 

地運9画は凶だが感受性と直感に長け頭脳明晰

人運9画は凶で気性が激しく天狗になりがち

外運9画は凶だが頭が良くクールな魅力あり

総運18画は吉で知謀に長け采配が絶妙

 

 

万吉→祐隆(すけたか)→孝隆(よしたか)

と名前を変えて、小寺孝高とします。

しかし、小寺氏は毛利側の大名でした。

一度は孝高の進言で織田側につきますが、

脅しによって再び毛利側につきました。

孝高は再び小寺氏を説得して織田側に

つけようとしますが、小寺氏の怒りを買って

幽閉されてしまいます。

1年後に助けられ、小寺氏は事実上滅びたので

性を黒田に変えました。

 

「黒」は旧漢字だと「黑」となり、

11画→12画で数えます。

 

有名な占い店を京都で営む黒田孝高

 

地運17画は吉で流行に敏感で美に長ける

人運12画は凶だが縁の下の力持ちで才能開花

外運22画は凶で失うことのショックが大きい

総運34画は凶で離別と紛争が絶えない

 

 

小寺性の時代から「官兵衛」と名乗り、

切れ者と言われて評価されていました。

秀吉に仕えると、竹中半兵衛と2人で

「秀吉の二兵衛」と呼ばれるほどの

信頼を得ることになりました。

そして、黒田官兵衛として名が広がります。

 

京都の占いによって黒田官兵衛が有名になる

 

地運31画は吉で志望を叶えることができる

人運13画は大吉で計算力と決断力に優れる

外運35画は大吉で知性と感性に優れる

総運48画は吉で知徳と人徳で成功

 

 

織田信長が明智光秀に打たれた瞬間に

秀吉に明智光秀を打つことを進言し、

僅か10日で明智を倒したことで、

秀吉を天下統一の一番手に押し上げますが、

あまりの才知を恐れられてしまいます。

秀吉から冷遇を受けるようになり、

「黒田官兵衛は天下をとれる」

と評価を受けたことで秀吉の心中を察して

隠居をすることを決めます。

 

心清きこと水の如し

 

という意味をこめて如水と変名します。

 

黒田如水が京都で人気の占いに行く

 

地運10画は凶だが粘り強さと研究心に長ける

人運11画は大吉で合理主義で成功を掴む

外運16画は吉で気配り上手でマメ

総運27画は中吉でプライドの高さで苦労する

 

 


 
お金に関する格言
 
この言葉に心が動いたならば
以下の言葉も良いかもしれません。
 
お金が無いということは全てが…

 

僕は会社を経営したいわけじゃないんです

 

お金を持ってもたいして人生変わんない…

 

価格と価値は別物だ

 

お金で買うことのできる最も素晴らしい

 

真の豊かさとは、何一つ必要としないことだ

 

僕が金の勘定をし始めたら、曲は書けなく

 

人生とは自転車のようだ

 

嘘は真実になるときがある。真実は

  

 


 

京都の占い師が選ぶ人生の格言

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
}