森内俊幸「2回目のミスが致命傷になる」

hr
2014.09.16

勝負では、2回目のミスが致命傷になる

 

京都で2回目のミスをした人が占いに救いを求める 

森内俊幸

 

 

「森内vs羽生 カケヒキ」

 

 

 

人間はミスをします。

どんなに気をつけていてもミスをします。

そして「ミスしてはいけない」と思うと

ミスをした時にショックを受けます。

ただ、ショックを受けたからと言って

ミスが帳消しになるわけではありません。

ショックを受けようが受けまいが

ミスに対処をすることが必要です。

 

 

だとしたら1度のミスは仕方がない。

「人間はミスをするものだ」

と始めからミスを認めることで、

ミスをした時にショックを受けません。

仮にショックを受けたとしても、

それほど大きなものではないでしょう。

そして、ミスをする前提であれば、

ミスをしたときの対処方法も

予め用意することができます。

また、ミスへの対処方法を持つことで、

ミスを恐れずにチャレンジできるので、

結果的に能力を発揮することができます。

つまり、人のミスを認めることで、

守りにも攻めにも利があるということです。

 

また、自分のミスじゃないけど、

仲間がミスをしたら、

なぜか自分も落ち込んでしまう。

ということはありませんか?

「全くない!」という人はいるでしょう。

「自分のミスも気にしない」

という方は強心臓なのか無神経なのか、

どちらなのでしょう。

まぁ、どんなに良いことがあっても、

どんなに悪いことがあっても、

起きたことは変えられない。

そして、起きたことは過ぎ去っていく。

 

喜んでいても、落ち込んでも、

その時間は返ってこない。

切り替えるしかない。

そうわかっていても引きずってしまう。

それが人間らしいかもしれません。

 

占いをしていてもよくありますが、

「別れた相手との相性を知りたい」

という方がいます。

なぜ? と思う人が多いでしょう。

本人としては、

「ダメだったのか、なんとかできたのか、

本当のところを知りたい」と言うのです。

自分として納得したいんですね。

 

そう、ダメだったことでも、

受け入れて納得しないと、

切り替えられない。

そんな時は、忘れるよりも、

納得できるように考える。

京都の占い鑑定師HAMAはそう感じました。

みなさんはいかがでしょうか?

 

ミスした人が京都で一番の占いにいって成長する

自発的なミス
 
自分がやった行動による失敗は
自分の傾向や行動を観察して
チェック&修正で改善できます。
また、努力と鍛錬によって自分の
身体能力やスキルをアップさせれば
同じミスをしないようにできます。
つまり、自発的なミスは逆に言えば
自分が成長するためにわかりやすい
道標になってくれるということです。
小さいミスをキッカケと考えれば
どんどん成長していけるということで
自分がどんどんレベルアップします。

 

京都で事故にあった人が手相占いをしてもらう

不測のトラブル
 
自分がしっかりと計画していることでも
予想外のトラブルが起こってしまって
対処できずに被害をこうむることも
時にはあったりします。
ただ、不測のトラブルといっても
自分が予測や準備をしていなかった事で
被害を防ぐ事ができなかったわけです。
なので、準備不足といわれたとしても
仕方がない部分があったりします。
ただ、このトラブルをキッカケにして
次のトラブルに対応できる準備を
することは今からでもできるはずです。
そうすることで2度目のトラブルを
防ぐことができるはずです。
 
詐欺に騙された人が京都で有名な占いにいって解決する

騙される
 
自分がとてもピュア過ぎてしまうと
ずるい人達に騙されてしまいます。
騙した方はモラル的にもちろん悪い
のは間違いないのですが、ただし、
騙された方も嘘を見抜けなかった
という点において能力的に悪い
ということも言えます。
 
酷なようですがそれは真実です。
つまり、外敵ないつでもどこでも
少なからず存在しています。
いつもその敵の攻撃にあって
ダメージを受けていたら
自分がダウンしてしまうわけですから
敵の攻撃を予測して防御する
という準備が必要となります。
というか、自然界では弱肉強食なので
弱いからと言って同情してくれる存在
はどこにもいないので自分の身は
自分で守らなければ行けません。
そういう意味で、騙されてしまうことは
モラル的には騙した相手のせいですが
能力的には騙された自分のせいです。
そうならないように予防と対策を
しっかりと持っていたいものです。

 
京都は地震が少ないので占い師が住居に選ぶ

天災
 
地震や津波等の自然災害は
自分の能力や努力では止められません。
起こってしまったら仕方ないのです。
これこそが不運というものです。
ただ、そうした天災の不運に巻き込まれて
自分が大損をしないように予め対策を
用意しておくことは誰にでもできます。
もしも、住宅を選ぶことがあれば
そうした天災の被害が少ない地域を
選ぶことや、一軒家を建てるなら
地震対策を存分にしておくのです。
また、予備の食料や道具を用意しておき
お金も管理できる状態にしておきます。
さらに、保険もしっかりとかけておくと
万が一のトラブルでも被害を最小限に
食い止めることができるでしょう。

 


 

京都の占い師が選ぶ人生の格言

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
}