天使がラッパを吹いて審判を下すJUDGEMENT

hr
2015.01.30

天使がラッパを吹いて審判を下すJUDGEMENT

 

 

絵をよく見てみる

大アルカナの20番judgementが京都で占いをしている

 

雲の上から金髪の天使がラッパを吹き

死者が棺桶から起き上がって

ラッパの音色に反応しているようです。

棺桶は水の上にあるようです。

背景には雪山が連なっているようです。 

 

 

 

エピソード

 

タロットカードの大アルカナの20番

 

「JUDGEMENT(審判)」

 

と呼ばれています。

 

ラッパを吹く天使と死者が描かれています。

 

 

 

審判

審判がタロット占いを裁く

スポーツには試合をコントロールする審判が

ルールブックにのっとって判定して選手達が

実力を発揮するためにフェアに進行します。

判断を間違ってしまうこともありますが、

そこでブレてしまうとその後に響いたり

抗議をすれば何とかなると思われるので

自分が1度判断したら貫き通すことが

必要になりますが、明らかに違った場合は

判定をやり直すこともあるようです。

ただ、1つの判定ミスが大事になることも

あるので、大きな責任があるとも言えます。

 

 

「吉田寿光が誤審を語る」

 

大きな試合や国際試合になると

大問題になってしまうこともあります。

仕事をしている中でミスをすることは

誰にでも必ずあることですが

審判の仕事は多くの人が見ていて

映像にも必ず残ってしまうので

ミスは許されないような状況です。

 

 

 

裁判官

 

「裁判官が語る裏側 無罪判決が少ない」

 

裁判官 は法律に従って判決を出しますが、

人の人生を左右する判断をしなければならず

とてもプレッシャーのかかる仕事です。

自分の価値観や考え方で答えが違うことも

たくさんあるでしょうけれども、

法律で基準がある以上はそれに従う必要があり

勝手な独断はなかなか許されないところで

真剣に悩むとノイローゼになりそうです。

 

 

 

許す or 許さない

 

「香里奈の恋愛哲学」

 

人間関係の中では公式ルールはないので

自分の経験や価値観や感情によって

物事を決めていくことになります。

ただ、自分の価値観や感情というのは

人によってはコロコロ変わるものです。

特に、自分がミスしたときは甘く、

相手がミスした時には厳しいこともあり、

稀に、自分がミスした時は厳しく、

相手がミスした時には甘い人もいます。

ただ、人を許すことは愛情でもあります。

 
 
京都に住む弁護士が有名な手相占いにいく

弁護士
 
弁護士は法律問題を決定する立場ではなく
現在ある問題を法律に照らし合わせて
どういう方向に進めると良いのかを
アドバイスして、代行する立場にあります。
なので、法廷では弁護人と言われます。
弁護士はそういう意味では決定権は
ありませんが、結果を予測したり
ある程度操作して持ち込むことができます。
なので、弁護士が無理だと判断したら
それはダメだということになります。
そういう意味では、弁護士の判断は
法律判断の基準ということができます。

 

 

HAMAのイメージ

 

京都の占い処Key&Doorの占い師HAMAは

自分に決定をする権限が無い状態で

神の言葉を待つということが、

あまり好きではありません。

それは無神論者だからかもしれませんが

自分の人生は自分で決めたいからです。

あるいは、意思決定をする訓練を

重ねて行くことで思考力と決定力が

養われていくとも考えています。

ただ、自分でどこまでも考えても

決断できなくなった時には、

神に決定してもらうかもしれません。

みなさんはいかがでしょうか?

 

 


     

タロットカード占いを得意をする京都の東山の占い師HAMA

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 

京都の占い処Key&Doorのお問い合わせ

 

hr