blog_view

大学・短大・専門学校の学生生活占い

hr
2018.06.04

大学・短大・専門学校の学生生活占い

 

京都の高校生が卒業後の進路について手相占いで相談する

 

18歳で高校を卒業した後の進路は
個別で大きく違ってきます。
 
中学校を卒業した時にはほとんどの
人が高校進学をしていますが
高校を卒業した婆には、就職をする
人もかなり増えてきますし、学校でも
大学・短大・専門学校と多岐に渡り
進路選択が難しいのが現状です。
 
このページではそんな高校卒業後の
学校生活について解説していきます。
 


 

学校選びに迷う学生が手相占いをしてもらうために京都に行く

学校選び

 

まずは、高校生にとって
とても難しいのが進路選びです。
高校卒業後の学校選びはそのまま
就職へと直結することが多いですし
少なくとも方向性が決まります。
逆に言えば、他の進路に進みにくくなり
後になって後悔することもあります。
 
例えば、医学部に進学したならば
そのまま医療系に進みやすくなります。
逆に言えば、法律系の進路は遠のいて
法学部に入り直すか、編入が必要です。
 
そうした人生の岐路に立っているのが
高校3年生ということになります。
なので、学校を選びかねている時には
すでに大学・短大・専門学校に行って
学んでいる人に話を聞いたり
既に卒業して社会人として仕事を
している人に相談してもいいでしょう。
 


 

京都の大学に進学したい人が手相占いをしにくる

進路方向
 
あくまで学校はゴールではなく
通過点に過ぎないと言えます。
なので、学校選びも必要ですが
その前に進路方向について考えて
学校の後の未来を予想します。
 
この場合は積極的に行きたい方向を
考える方法もありますが
消去法であり得ない方向を消していき
残った方向を選ぶやり方もあります。
実際にはこの2つを組み合わせて
選択肢を絞っておくといいでしょう。
 
そうすることで漠然と学校に行って
ムダに時間を過ごしてしまうことも減り
充実した学校生活を送りやすくなり
価値ある時間を過ごせることでしょう。
  


 
京都大学を目指す人が有名な手相占いで相談する

勉強
 
大学生活は活動が色々ありますが
基礎となるのが学部の単位を取得して
しっかり卒業をすることです。
まずは自分の性格や能力を知って
学部の方向性を決めていったり
勉強のやり方や目的を決めたり
学部の中の人間関係を気遣ったり
資格試験などがあればそれに向けて
対策をしていくといいでしょう。
 
京都のニート大学生が手相占いにいって進路を見つけるただ、わかってはいるけれども
勉強がイヤになる事があります。
小学生から高校生までは親や
学校の縛りによって半強制的に
勉強をさせられている感じで
自発的に勉強していない人は
学校に合格した安心感と
今までの強制勉強の裏返しで
勉強をしなくなる人もいます。
そんな時は多少の息抜きも大切で
他のものに目を向けてもいいでしょう。

 


 

有名な手相占いをしてもらうために大学生が京都に行く

部活&サークル
 
部活とサークルの使い分けですが
「本気で大会優勝目指してます!」
という活動をしているチームが
「部活」という呼び方をしていて
「のんびり気楽に楽しもうよ♪」
という感じでレクリエーション的な
ノリでやっているのがサークルと
呼ばれているような感じです。
 
どちらにしても勉強と同じで
大学生活にとっては大切です。
 
1人1人やる座学勉強よりも
協力することが多い部活&サークル
をしている方が人間関係ができます。
中学や高校でも部活動で仲間や
人脈が多くできたはずです。
 
ただ、大学では友達ができるだけでなく
恋愛がかなり多く発生します。
むしろ、恋愛目的でサークルに入る
という人も多くいる事でしょう。
だとしたら、その部活やサークルを
見学しにいって色々リサーチすることで
今後の恋愛を作っていく事ができます。
 


 
京都に住んでいる学生が手相占いをしてボランティアにいく

ボランティア
 
地域や学校やインカレによっては
「ボランティアサークル」という
サークルもあったりしますが
学校関連でボランティアが無い所も
あるので、自主的にボランティアに
いったりしてもいいでしょう。
ボランティアも趣味と同じですが
地域の人達や環境に貢献することで
意外と「気分がいい」を味わって
自分が誇らしくなったりします。
また、地域のスポーツチームや
イベントにも参加することによって
有名人との出会いがあったり
人脈や友達や恋愛の出会いも
あったりするので、余裕があれば
一度参加してみても良いでしょう。
 


京都の大学に進学した生徒が有名なタロット占いにいく

人間関係
 
大学生活では勉強やサークルも
大切なことですが、人間関係も
とても大切なポイントです。
小学生のときはほとんどの
クラスメイトが地元民です。
中学生になると公立と私立で
生徒が入り交じったりします。
高校生になると遠い学校に行ったり
目的によって進学校に行ったり
スポーツ強豪校に行ったり
色んな進路に別れてきます。
それが大学生になると知っている
人の方が少ないアウェイになり
それに対する適応力が必要になります。
なので、ただただ受身でいるだけで
なく自ら人間関係を作っていき
自分の立場を創る必要があります。

 


アルバイト探しの占いのために滋賀の大津から京都に行く

仕事&アルバイト
 
高校時代からアルバイトをして
自力でお金を稼ぐ人もいますが
高校を卒業してから初めて
アルバイトや仕事でお金を稼ぐ
という学生も多いことでしょう。
 
そこでアルバイト求人を見ながら
どんなバイトをしようか選び
応募して採用されたら働くわけです。
 
ただ、アルバイトはただただお金を
稼ぐだけのためにするのではなく
色んな副効果を付随させることで
学生生活をより有意義に過ごせます。
 


 
有名な手相占いにいくために滋賀から京都に行く

恋愛
 
学生生活において恋愛は
とても大きなポイントです。
ただ、学校にいっているだけでは
恋愛は勝手に発生するわけではなく
ある程度の工夫が必要となります。
そして、付き合った後も2人の
生活スタイルや住まいによっても
付き合い方は大きく違ってきます。
実家暮らしなのか、1人で下宿なのか
アルバイトやサークルに入っているか
などの生活の違いを理解して
良い恋愛にしていきたいとことです。
 

遠距離恋愛が無理なカップルが京都で有名な占いに行く

学生から社会人の切り替えになる場合
留学や留年や就職時期や地域によって
遠距離恋愛になる可能性があります。
その時に遠距離恋愛を覚悟して
それぞれの進路を優先するのか
それとも2人が近い場所にいられる
ように進路先を揃えて就職するのか
あるいは、先に入籍をして固めてから
進路を決めて安心して働くのか
大きくわけて3つの選択肢があります。
そもそも、遠距離恋愛に向いているか
それとも向いてないのかと自分達の
恋愛傾向と相性を知ることで方向性が
しぼれてきますし、対応する事も
可能になってくるでしょう。

 
京都の大学生が学生結婚の占いをしにいく
学生結婚
 
5000人〜10000人に
1人くらいの割合ですが在学中に
入籍して結婚する人もいます。
 
特に、院生や博士課程や医療系に
進学する方は就職までにとても
時間がかかるものもあるので
「先に入籍し就職したら結婚生活」
という感じで、入籍して結婚指輪を
付けている人もごくたまにいます。
 
また、4年制大学でもパートナーが
会社や開業医の後継ぎ息子や
田舎の良家だったりする場合には
在学中に入籍をすませておいて
卒業と同時に結婚式ができるように
準備をし始める家もあります。
 
また、付き合っているパートナーが
社会人で「君が卒業したら結婚だ!」
という感じで相手に甲斐性があれば
こちらが20歳でもいいわけです。
特に、25〜29歳の20代後半で
社会人3年目〜の社会人男性は
学生の女性から見ればとても魅力的で
包容力も感じることでしょう。
   

 


   
京都の大学生が留学に行く前に占いをする

留学
 
大学在学中に留学に行く大学生は
全体の中でも多くいるはずです。
国際学科の生徒はもちろん、
世界中を相手に仕事をしたい人や
貿易や旅行系で仕事をしたい人も
とりあえず外国に住んでみたい人も
留学に興味があることでしょう。

 

留学に行く学生が占いをするために滋賀から京都に行く

 
ただ、単純に旅行気分で留学にいく
のではなく、また語学の成長ではなく
文化や土地柄を知ったり、そこの人達と
コミュニケーションをとって人脈を創る
事や日本から色んな便利道具やお菓子や
お酒をもっていって反応を見たり
流通を理解することが大切です。
  


 

企業研修やインターンを手相占いで決めるために京都に行く

インターン
 
在学中に企業研修やインターンに
行くことで仕事の現場がわかります。
そして、学校と職場の違いを体験でき
これからの進路選びに役立ちます。
また、その企業に興味があるならば
インターンに行ったことは履歴書や
面接でアピールすることができます。
企業側としても全く知らない人を
採用するよりも一度来た人を採用する
方が「やっぱり違った」という退職を
避ける事ができるので好都合です。
 
また、研修やインターンでは恋愛が
芽生えることも実際にはあります。
社会人ですでに働いている人なので
自分から見て尊敬しやすく好意に
なりやすく、その会社に入れば
毎日が楽しいので仕事が楽しくなり
辞めにくいし、明るくいられます。
そのためにもインターンに行く時は
思いっきりお洒落でアピールして
人気を集めておきましょう。
 


京都の大学生が内定をとって進路を選ぶ占いをする

就活&内定
 
学校にいく目的を端的にいえば
「就職内定をとること!」
これに尽きると思われます。
本来の学問とは就職と関係無く
真理を追究するものではありますが
現代日本においては、進学こそが
ステータスであり、学校を卒業して
就職することが目的となっています。
それは本人としても両親としても
学校への進学費用は投資であり
より高い就職をして高い給料をとって
収入が増えれば良いと言う考え方です。
という感じで、真理とはズレますが
学校に行く目的をしっかり理解して
次の人生へと繋げたいものです。
 
手相占いで内定を貰った就活生が京都の企業にいく

 
 
内定を貰った時に、第一志望であれば
このままその進路に進むべきですが
志望とは違った方向で合格を
貰った場合には、就活を続けて
志望する方向に近い組織をまた
受験するのも良いでしょう。
第一志望の組織の中途採用の条件を
確認して、それを満たすキャリアが
身につく場所を選ぶと何年か後に
再度、中途採用で挑戦すればいいのです。

 


 

将来の占いをするために滋賀から湖西線に乗って京都に行く

将来のビジョン
 
学生生活は内定をとって卒業する
というのが大前提ではありますが
それだけでなく、その先の未来を
イメージして就職後にどうしたいか
あるいはどうなっていきたいか
自分の未来像を考え始めることも
必要なことではあります。
具体的にイメージができれば良い
のですが、漠然とでもいいですし
後で変更しても構わないので
どういう方向に向かおうとしているのか
ビジョンを創り始めてもいいでしょう。
 
将来の自分像とビジョンができれば
残りの学生生活を有意義に過ごす事が
できて、次の就職への準備もできます。
就職すると自分の自由時間はかなり
制限されてしまうので学生のうちに
ヒマな時間を有効に使うといいです。
 


    

京都で1番の占いでよくある相談を見る

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
totop