デブラ・スパーク「幸せがすべてというわけではないでしょう」

hr
2014.04.18

とっても幸せというわけではないわ。でもね、幸せがすべてというわけではないでしょう。

 

ドメスティック・バイオレンスの夫婦が京都駅近くの占いにいく  

「暗い夜の島で」

デブラ・スパーク

 

江國香織さんの

「いくつもの週末」の中で

引用されています。

 

想像してみてください♬

 

どういう場面で、

どういう意図で言っている

セリフだと想いますか?

 

答えは「暗い夜の島で」を読んでのお楽しみ♪

ただ、占い鑑定をしていても感じるのですが、

幸せを求めることが全てではないというのは、

全てのことに当てはまるかもしれません。

 

 

 

京都で占いをしているHAMAは

 

ものすごい言葉だなぁ〜

 

と思います。

 

 

誰もが「幸せになりたい!」と

あくせくもがきながら生きているのに

「幸せじゃなくてもいい」

とでも言うようなことを言えるなんて

ものスゴイ神経です。

 

幸せってナニ?

 

京都での和食ディナーの後で有名な手相占いに行く

美味しいご飯を食べているときは
誰でも幸せな気分になれます。
本能的にも食欲が満たされると
生きている生物はみんな幸せです。
そして、それがとても美味しいと
尚更幸福を感じることができます。

 

結婚占いのために新郎新婦が京都駅からあるく

結婚式は人生でも最も幸福で
最高な瞬間でもあります。
この日だけはどんな有名人が
どんなにすごいパフォーマンスを
披露したとしても自分たちが
主役を譲ることはありません。
恋愛のゴールでありながら
結婚生活のスタートでもあります。

 
 
占いにいって吹っ切れた選手が京都の大会で結果を出す

達成感
 
幸せが満足することであるならば
達成感は永遠と続く満足ではなく
一時期の満足感の後に虚無が来たり
次の目標に向かうことになります。
 
特に、スポーツや格闘技等の
競争や勝負は1つ勝ったとしても
またすぐに次の挑戦が待っています。
なので、満足を求めることよりも
達成感を求め続けることの方が
幸せで満足を得るかはわかりませんが
虚無感を避けることが出来ます。

 

 

確かに京都の占い師HAMAも

とても幸せではありませんが

それでもいいかな〜と感じています。

お腹いっぱいの幸せがなくても

生きる価値はたくさんある。

ということなのかもしれません。

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

 

デブラ・スパークを占う

 


 

 

姓名判断でみる

デブラ・スパークが京都の訪れて姓名判断占いをする

 

地運10画は凶だが粘り強く研究心が強い

総運20画は凶で損しやすいが奉仕で貢献

 


 

 

タロットのイメージ

 

占いで見たペンタクルの7が京都で農業をしている

ペンタクルの7

  ペンタクルの9の女性が京都で占いを営むが幸せじゃない

ペンタクルの9

   京都のペンタクルのクイーンが占いをじっとみる

ペンタクルのクイーン

 

 

「幸せがすべてではない」というのは、

形が整うことが全てではないということなのか

自己満足することが大切ではないということか

あるいは、笑うことが良いわけではないのか、

世間一般的に言われている「幸せ」にたいして

疑問を持つキッカケになる言葉です。

 


 

 

オススメの格言

 

この言葉がドキドキした人には

以下の言葉もオススメです。

 

愛さえあればすべての物に立ち向かえる

 

愛するとは自分を追い越すことだ

 

愛は空腹で生き、満腹になって死ぬ

 

I’ve Never Been To Me

 

僕にはわからない

 

完璧な人と一緒にいることが幸せとは限らない 

 

恋をしながら、しかも賢くあることは不可能だ

 

愛の悲劇というものはない

 

恋愛の敵は正論

 

死に憧れることは、愛を信じることと同じだ 

 

 

 

 


 

京都の占い師が選ぶ人生の格言

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr