blog_view

京都の占い師HAMAの経歴紹介

hr
2015.01.12

京都の占い師HAMAの経歴紹介

 

京都の占い師HAMAの経歴

 

このページでは占い師HAMAの経歴を

ご紹介していきたいと思います。

 

 


 

 

 

HAMAが参加している所

 

京都の占い師HAMAがいる所

 

このページでは占い鑑定師HAMAが
参加して活動している場所を
紹介していきたいと思います。

 


 

   看板店

Key&Door

 

京都の占い鑑定師HAMAが立ち上げた

個人事務所のホームページです。

実店舗は京都にあります。

(京都駅から徒歩10分)

 


 

  京都の占い師HAMAが参加する占いタウン

   

占いTOWN

 

HAMAのページ

 

占いタウンは掲示板サイトで、

全国の占い師が個人の紹介をしています。

 

電話1本で直接本人につながりますので

煩わしい手続きが無いのが特徴のサイトです。

 

鑑定料金の支払い方法の選択肢として、

サイトのポイントやクレジットカード、

銀行やゆうちょの振込も可能です。

 

ただし、占い師の実力はピンキリです。

使用する占術や得意分野も本人次第です。

 

占い師選びのポイントとしては、

サイトの自己紹介を見ることも大切ですが

個人サイトをチェックしてみたり、

対面鑑定をしている店舗の情報を

見てみてもよいでしょう。

 

 


 

 
占いガイド全国版に京都の占い師HAMAが載る 
占いガイド全国版
 
京都の占い師ページ
 
全国の占い師を紹介しているサイトで
地域ごとの色んな占い師を知ることが
できますので参考にしてみてください。
 


 
みんなの占い師ナビ
 
HAMAのページ
 
全国の占い師を紹介しているサイトで
各地で活動している占い師を見つけて
鑑定を依頼することができます。
 


 

京都の占い師HAMAが参加するみんなの電話占い 

みんなの電話占い

 

HAMAのページ

 

*鑑定料金が違います

 

大手の電話占いサイトです。

このサイトで鑑定をするには

審査に合格しないといけません。

 

…ってことは、占い師として

一定の実力があることが保証されています。

 

もちろん、クライアントであるあなたの

要求に応えられるかは実力次第です。

 

このサイトは占い師のランキングも

発表(随時変動)しているので、

人気の占い師がわかります。

 

また、お客様からの感想も見れるので、

お客様からどんな評価を得ているかも

見ることができます。

 

京都の占い師HAMAは2014年11月から

みんなの電話占いに参加しています。

 

みんなの電話占いの感想は

実際のお客様の生の声なので

参考にしていただけると

良いかなと思います。

 

 


 
ウラッテ  

京都【占い事務所「京都の占い処Key&Door」】HAMA先生 | 占いマガジン ウラッテ
占いマガジン ウラッテ

京都【占い事務所「京都の占い処Key&Door」】HAMA先生 | 対面占い・電話占いガイドMy占い
対面占い・電話占いガイドMy占い

 

占いマガジンのウラッテに掲載されています。
占いに関する豆知識が色々みれるので
占い師選びの参考にするといいでしょう。
 


 

 

占い歴

 

 

【2003年〜】

占いを学び始める。

知り合いを遊び程度から占い始める。

 

【2009年〜】

占い活動を増やしていく。

占い会社に所属して鑑定の場を広げる。

 

【2013年〜】

HP「Key&Door」を立ち上げる。

メール占いを始める。

 

【2014年〜】

電話占いを始める。

 

【2015年〜】

京都市東山区七条通りに個人事務所

「京都の占い処Key&Door」を開店させる。

 

【鑑定人数】

2015年時点で占いの鑑定人数は

総合計で10,000人ほどになります。

個人事務所立ち上げから月間約200人くらい
 
2018年現在の鑑定数では
1日平均14人、月間約400人、
年間約5,000円のペースで
鑑定させていただいています。

 


 

 

職歴

 

 

 

バーテンダー

京都でバーテンダーをしていた占い師HAMA

 

18歳で生まれ育った福井県を出た時は

「バーテンダーで自分の店を出す」

ことがその当時の夢でした。

この時には田舎を出たかっただけで、

「今までやったこと無いことをしたい」

という気持ちで都会で一人暮らしをして

新しい生活がしたかっただけだったような

そんな都会に憧れる田舎者でした。

 

アルバイト・正社員含めて合計で4年半

バーテンダーとして仕事をしました。

当時の僕は金銭感覚や経済観念も甘く、

バーテンダーの給料の低さもあってか

毎月カツカツの生活でした。

 

食べ物に気を配っていなかったことと、

生活の不規則のせいで血を吐いたことも

熱を出して寝込んだこともあります。

 

飲食業の中でも特殊な接客のバーテンダー

を経験することで個人に向う接客力が

向上したように感じます。

また、接客よりもウンチクよりも

カクテルを作ることが好きでした。

 

「自分の店でバーテンダーをやりたい」

という気持ちは今もあります。

ただ、今は遠い夢のような感じで

リアリティはありません。

 

 

 

レストランのコック

占い師HAMAが京都に来る前にコックをしていた

コックといってもフランチャイズ店で

ランチとディナーのアルバイトでした。

決まったレシピがあったので、

そのレシピに沿って作るだけでしたが、

バーテンダーで得た経験から、

「同じレシピでも調理法で味が変わる」

ということを学んでいたので、

なるべく美味しくなるように、

温度調整や盛りつけを工夫していました。

 

また、コックは接客がなかったので、

料理に集中することができました。

この経験から「料理は楽しい」と思い、

自分で料理をするようになりました。

カフェ&バーを開店させたい気持ちもあり、

占い師じゃなかったら飲食店を

オープンすることが目標でした。

 

 

 

鳶(とび)

*現場仕事のニイちゃん

京都駅近くで占いを営むHAMAが鳶をしていた

 

7ヶ月だけですがアルバイトで

鳶職をしていたことがあります。

僕は何かを作ることはできないので

資材を運んだり雑用をしてました。

20代前半だったし肉体労働の経験は

なかったのでやってみたかったのと、

たまたま友達が鳶をしていたので、

お世話になることになりました。

 

接客業ばかりをしていたので、

「肉体労働の方が気楽だろう」

と思ったのですが、しんどかったのは

体のしんどさよりも天候の辛さです。

雨が降っても仕事をしないと給料が

でないのでカッパを着て働きましたし

夏がどんなに暑くても外で動き回り

熱射病になりかけたこともありました。

 

また、男ばかりの職場なので、

中学生の部活のような人間関係でした。

この経験があったので、自分で

「現場仕事は自分にはあってない」

とハッキリ感じて、将来の選択肢から

現場仕事を外すことができました。

 

 

 

引越屋

占い師HAMAが京都で引越屋をしていた

 

僅か一週間ですが日当で引越屋のバイトを

していたこともあります。

お金が欲しい時で春の引越シーズンなので

募集があったので応募しました。

正社員のスタッフにくっついていって、

一緒に荷物を運ぶだけでしたが、

モノを壊さないようにとか、

割れ物を割らないようにしたりとか、

力よりも神経を使うことが多く、

お客さんやスタッフに気も使うので

思ったよりも意外と大変でした。

ただ、この経験のおかげで、

自分で引越をする時に梱包や、

荷物運びが少し上手になりました。

 

 

 

コンビニ
京都のコンビニでバイトをしていた占い師HAMA

 

高校生の時と鳶をしていた時に、

夜のコンビニバイトをしていました。

昼には学校や仕事で働けないし、

昼の時給よりも夜の時給が高いですし、 

夜の方がヒマそうだったので、

気楽な感じではたらきだしたのですが、

コンビニは夜に掃除や搬入があり、

しかも、お客さんも意外と来たので、

思ったよりも意外と大変でした。

良いことは廃棄になったおにぎりや

お弁当やスナックをもらえたことです。

本当はダメなことなんでしょうけど、

そこのオーナー店長が、

「好きなだけ持っていっていいよ」

と言ってくれたので持って帰りました。

ただ、3日くらいすると嫌になりました。

 

また、年輩の人が結構働いていたので、

年をとって退職をしてもコンビニで

バイトをすれば低水準だけど、

生活費と食事には困らないことが

実感的にわかったのでよかったです。

 

 

 

携帯電話の販売

携帯電話の販売を京都でしていた占い師HAMA

ガラケーが全盛の時代から、

iPhoneが始めて日本で発売した時に

「店を出すための資金集め」

という理由で携帯電話の販売の仕事を

始めることになりました。

ユーザーとして携帯電話を使っていた時、

料金プランのことはサッパリわからず、

店員さんのオススメプランにするだけで

「毎月5,000円くらいかな〜」

くらいの感覚でしかありませんでした。

いざ仕事にしてみると覚えることが多く、

契約業務なのでルールや注意事項など

細かいことがたくさんありました。

そうした記憶する作業が一通りできると

仕事自体はものすごくラクでした。

クレームさえなければ楽チンでした。

 

ただ、この経験のおかげで、

難しいことを簡単に説明することと、

簡単なニーズを難しい契約の中で

できるだけ対応していくことと、

+α(プラスアルファ)のサービスが

お客さんを呼んでくれることを実感して

占いの仕事にも役立っています。

 

また、通信の仕事をしたおかげで、

携帯やネットの仕組みや料金や活用方法を

知ることができたので、

こうしたホームページや通信に

大いに役立っています。

これはアナログ人間が多い占い界の中では

アドバンテージとなっています。

 

 

 


 

 

契約形態

 

 

 

アルバイト

京都の東山で占いをするアルバイト店員が手相を観る

大組織の中でのアルバイトもありますし

小さな組織のアルバイトも経験があります。

どんな規模でも時給×時間が

アルバイトの収入です。

これはとてもシンプルなことです。

そして、残念なことはアルバイトは

往々にして時給が低いのです。

 

 

 

派遣社員

京都の派遣社員が占いをはじめて手相を観る  

派遣社員の良いところは、

派遣会社に登録しておけば

就職活動を自動的にしてくれて

自分で探す手間が省けることです。

ただ、デメリットも同じことで、

派遣会社の都合で就職活動をされるので

行きたくない職場を紹介されることもあり

後でビックリすることもあります。

ただ、サービス残業などの

理不尽な扱いからは守られやすいです。

 

 

 

契約社員

京都駅近くで契約社員が手相を観て占いをする

会社と一時的、あるいは期限付きで

契約して仕事をしている社員です。

なので、良くも悪くも一定していて

契約事項以上も以下もなく、

取り決め通りの仕事や報酬です。

良いことは決められた仕事以上は

求められませんし、求められても

突っぱねることもできます。

悪いことは決められた仕事以上は

できないし、できても報酬にはならず

一定の報酬に留まることになります。

ただ、次回の契約更新を

自分に優位に進めることはできます。

 

 

 

正社員

京都の東山で正社員が占いを続けて手相をみる

 

会社から終身雇用で契約している契約で

会社の業績次第で昇給や昇格があり、

逆に降給や降格もありえる契約であり

良くも悪くも組織に影響されます。

実際の職場環境はピンキリであり、

とても良い環境の職場もあれば、

奴隷のように扱われる悪い職場もあり

組織によって雲泥の差があります。

 

 

 

手渡し給料

京都の占い店で働いて手渡し給料をもらった手相を観る人

身内の仕事を手伝ったり、

小さな会社の仕事をしてみると

手渡しで給料を渡されたりします。

これは良くも悪くもアバウトであり

テキトーになりがちです。

例えば、本当は9,980円なのに

「小銭ないし1万円な」

という感じで渡されたりします。

逆に「今度渡すから…」と言われて

何ヶ月たっても渡されなかったり

そのまま踏み倒されることもあります。

 

   

   

委託業務

京都の東山で委託業務をしている手相を観る占い師

契約社員と似ているのですが、

出社の義務が無い場合が多く、

規定された仕事さえすれば

必要以上の干渉をされないことが

委託業務の特徴ではないでしょうか。

 

  

   

経営者(個人事業)

京都の社長が占いで手相を観てもらって起業した

「経営者」や「社長」と言うと、

それをしたことがない人からすると

ものすごく遠い存在に感じますが、

それをしたことがある人からすると

今日からでもできる簡単なことです。

経営者とは自分でお金を稼ぐ仕組みを

0(ゼロ)から作ることです。

 

 

 

 

そんな感じで色んな契約を経験しながら

色んな場所で働いてきました。

そして今は、占い師&経営者をしています。

 

 

 


 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

hr
totop