blog_view

漢数字が入る有名人の名前紹介

hr
2015.08.03

漢数字が入る有名人の名前紹介

 

京都で人気の姓名判断占いでみる漢数字

 

このコーナーでは漢数字が入る

有名人の名前を

紹介していきたいと思います。

 

 

 


 

 

 

京都駅近くのタロット占いに一が来る

 

一が入る名前

 


 

 

(はじめ)

 

「金田一少年の事件簿 第1話」

 

一と書いて「ハジメ」と読みます。

「イチ」や「カズ」 とも読めます。

横線1本書いて数字の1で

「絶対」や「すべての始まり」

の意味を持たせています。

究極の名前とも言える名前です。

 

京都で人気の占いにはじめ君がきて姓名判断をする

地運1画は大吉で慎重に深く物事を考えて

熟考に熟考を重ねて計画を練って

周囲に惑わされずに粘り強くとりくみ

必ず最後までやりきって成果を上げる。

融通が利きにくいが、芯が強い。 

 


 

 

一二三

(ひふみ)

 

 「加藤一二三&米長邦雄」

 

将棋棋士の加藤一二三さんの名前を見て

「かとうイチニッサン???」

と戸惑った人もいるでしょう。

一二三(ひふみ)と読みます。

 

有名な姓名判断の占いで一二三をみる

地運6画は吉で情に厚く明るく人気者になる。

また神経細やかな気づきと世話好きな性格で

人から慕われる人間に育ちやすい。

ただし、情の厚さ故に頼み事を断れずに

損な役回りや苦労を背負いやすい。 

 


 

 

一三

(いちぞう)

 

「宝塚歌劇101周年」CM

 

阪急グループの創業者であり、

宝塚歌劇団の創設者である

小林一三先生の名前です。

 

世界で最も当たると人気の手相占いに一三がやってくる

 

地運4画は凶だが、静かに見える姿の中に

熱い情熱を燃え滾らせる不屈の人間になる。

物事に不満を感じやすく、面倒くさい人だが

不満を解決して形にしていく創造主ともなる。

故に革命や開発や創業の分野で成功する。

早めに親から独立して生きていくことで、

逆境をモノともしない強さが身につく。

 


 

 

 

 

 

 

 

京都の東山で当たると人気の占いで二が姓名判断をする

二が入る名前

 


 

 

不二子

(不二子)

 

「Fujiko Mine Mean Girl」

 

ルパン3世でおなじみのセクシーウーマン

触ると火傷をしそうだけど魅力抜群で

男は思わず見とれてしまいます。

 

不二子という名前の意味を考えると、

「2は無い女」ということになります。

つまり、1番であるということです。

 

ルパン一味の不二子がタロット占いを始める

 

地運9画は凶で、女性の場合では、

女性から嫌われて男性に好かれる

女になぜかなっていきます。

感受性やセンスが独特で直感的に決定し

頭の良さを本能的に使いこなして

自分の信じることに集中していきます。

それ故に、モデルやアーティストや

デザイナーなどの一芸分野で成功しやすく

大衆的な分野では不満になります。

なので、孤独を恐れずに生きることです。

 


 

 

 

 

 

 

 

京都駅の側の占いに三が姓名判断をしにくる

三が入る名前

 


 

 

三三

(さんぞう)

 

戦前〜戦後の時代の将棋棋士で

上田三三(うえださんぞう)

という棋士がいたそうです。

 

占い師が三三を姓名判断でみて京都で最も当たると言われる

 

 

地運6画は吉で明るく戯ける態度によって

人気があり、情に厚いこともあって、

人気を集めて注目されやすい。

それを支えるのは神経質なまでの気遣い

であり、相手の反応次第で傷つきやすい。

また、情にもろいのでだまされやすい。

 


 

 

三木道三

(みきどうざん)

 

「Lifetime Respect」

 

2001年に発表したLifetime Respectは

CD売上もスゴい勢いでしたが、

カラオケでたくさん歌われました。

2014年にDOZAN11に改名しました。 

 

関西人に最も支持されているタロット占いに三木道三がくる

 

「辶」3画→「辵」7画で数えます。

26画は凶で運が変動して不安定だが

良い意味で行けば、人生が上がる時に

チャンスに乗ることで成功を掴める。

成功を収めたら、落ちない努力が必要で

順調な時こそ準備が必要です。

 


 

 

 

 

 

 

 

京都駅近くのno.1の占いに四が来て手相を観る

四が入った名前

 


 

 

四三

(しそう)

 

「オリンピック史上最も遅い記録」

 

金栗四三(かなぐりしそう)は1912年

スウェーデンのストックホルムでの五輪で

フルマラソンに参加しましたが、

レース中に日射病で倒れました。

農家の人が看病をしてくれましたが、

四三が目を覚ますと翌日でした。

 

時はたち、1967年にストックホルムで

55周年の式典に四三は呼ばれます。

「棄権していないのでゴールしてください」

なかなか気のきいたはからいによって、

54年8ヶ月6日5時間32分20秒3

という記録で四三はゴールしました。

 

人気のある占いが京都駅近くにあるので四三が走ってくる

 

地運7画は吉で、どんな困難にも負けない

強靭な精神力を持つ努力家になる。

1度口にしたことを曲げないプライドを持ち

信念を貫いて物事を達成する。

反面、不器用で協調性には乏しい。 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

京都で最も当たる占いに行って五の運勢を知る

五が入った名前

 


 

 

五十六

(いそろく)

 

戦時中の海軍大将の山本五十六は

父親が56歳、母親が45歳の時の

六男として誕生したので、

父親の年齢から五十六と名付けられました。

 

有名な姓名判断の占いで五十六をみるために京都駅にきた

 

地運21画は吉で勝ち気で自信を持ち、

周囲に流されずに信念を貫きやすい。

緻密な計画性と大胆な行動力を合わせ持つが

TPOを見分けて無謀な挑戦を避ける。

自分の能力を周囲のために用いることが

できれば大物になっていくが、

自分のためだけに使うようだと、

ただただプライドの高い人物になりさがる。

 


 

 

 

 

 

 

 

京都駅の近くの占いに行って六が断易をする

六が入った名前

 


 

 

六三郎

(ろくさぶろう)

 

「旬皿」道場六三郎

 

料理の鉄人で有名になった道場六三郎

三男三女の末っ子として産まれたので

「六人兄弟の三男坊」という意味で

六三郎とつけられたそうです。 

 

道場六三郎がやってきて手相占いをしてもらう

 

地運22画は凶で家族縁が薄い。

幼少から家族を離れることで運が開く。

情に厚く感性や創造性が豊かになるので

デザインやアートなどのクリエイティブで

その才能を発揮しやすい。 

 


 

 

 

 

 

 

 

京都駅の側にある占いで七が手相占いをする

七が入った名前

 


 

 

(なな)

 

「flying」GARNET CROW

 

GARNET CROWのキーボードで

作詞家のAZUKI七(あずきなな)さんが

書く作詞は独特の儚い雰囲気があって

京都の占い師HAMAは個人的に好きです。

 

人気の手相占いにAZUKI七がやってくる

 

地運7画の女性は、自分に信念があって

それを掘り下げて独自のスタイルを築く。

独立心旺盛なので男性に頼らずに

自力で生きていく人生を選びやすい。 

ただ、冷たいとか強いわけではなく、

自立しているだけで、情は深い。

 


 

 

七瀬

(ななせ)

 

「恋心」相川七瀬

 

歌手の相川七瀬(あいかわななせ)さん

パンチの効いた美人で声も透き通って

いながらメリハリが強く響く感じが

とても強い印象として残っています。

 

相川七瀬がきて当たると人気の手相を観る

 

「氵」3画→「水」4画で数えます。

地運27画は中吉だがセンスと行動力で

自力で人生を切り開いていく。

ストレートに自己主張をする強さを

良しと見る人と、嫌う人に別れるが、

批評を恐れずに意思を曲げないことで

自分のファンを得ることができる。 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

関西で最も人気のある占いにいって八が吉方位を知る

八が入った名前

 


 

 

八十

(やそ)

 

詩人で作詞家の西條八十さんの名前は

両親が苦(九)がないことを願って、

八と十を選んでつけたそうです。 

 

関西で最も当たると人気の占いで八十が手相を見てもらう

 

地運18画は吉で野心がとても強くて

プライドも高い性格になりやすく、

周囲に構わず強引に目標に突き進む。

ただ、その場勝負で行き当たりばったりで

計画性が無いことで行き詰まりやすい。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

京都駅近くの占いにで九が来て手相を観る

九が入った名前

 


 

 

(きゅう・ひさし)

 

「上を向いて歩こう」

 

坂本九(さかもときゅう)の本名は、

坂本九(さかもとひさし)と言います。

父親にとって第9子だったので、

九と書いて「ひさし」と読ませたそうです。

 

関西で最も当たると人気の占い師が九の運勢を知る

 

地運9画は凶ですが、感受性が強くて

センスや直感力があり、頭脳明晰で

個性が強く一芸集中するタイプ。

スポーツや音楽や芸能などの分野で

成功を収める可能性が高い。

反面、気性が激しく気分の上下が大きい。 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

関西で最も当たると人気がある占いに行く十

十が入った名前

 


 

 

十三

(じゅうぞう)

 

映画監督の伊丹十三監督の名前は

伊丹十三(いたみじゅうぞう)です。

「タンポポ」や「マルサの女」が

有名な作品でしょうか。

 

関西でno.1と人気の占いに十三が来て手相をみてもらう

 

地運13画は大吉で感受性やセンスがよく

そこにいるだけで場を明るくする華やかさ

があり自然と人が寄ってくる。

また、その人気に溺れることなく、

気遣い屋で目配りがきくので尊敬も受けて

自ずと人の上に押し上げられていく。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

関西で1番当たると言われる占いに来た百が易をする

百が入った名前

 


 

 

百恵

(ももえ)

 

「いい日旅立ち」山口百恵

 

歌手で女優の山口百恵(やまぐちももえ)

百と書いて(もも)と読みます。

1970年代に大活躍をしました。

百と恵の字を書いて、

「百の恵みを貰えるように」

「百の恵みを与えられるように」

どちらを願って両親は名付けたのか?

あるいはその両方の願いを込めたのか?

それは両親だけが知ることでしょう。

 

日本で最も評価の高い占いに百恵がきて姓名判断をする

 

「恵」10画→「惠」12画で数えます。

地運18画は吉で、女性の場合だと、

目立ちたがりで人前でチヤホヤされることで

気分良く努力や練習に励んだり、

練習でできないことが本番でできたりする。

夢や目標も高ければ高いほどヤル気がでて

それに向って突き進んでいく。

ただし、プライドが高くなりがちなので

周囲が執拗に気を遣うことになる。

    


 

 

百福

(ももふく)

 

「チキンラーメン1963」CM

 

「カップヌードル原始人」CM

 

安藤百福(あんどうももふく)という名を

聞いたことがなくても、カップヌードルや

インスタントラーメンは聞いたことがあり、

実際に食べたことがある人が多いでしょう。

安藤百福はそのインスタントラーメンを

世界で初めて創った偉大な人物です。

しかも、初代インスタントラーメンである

チキンラーメンは48歳の時に開発し、

販売して現在に至ります。

そして、2010年代では、世界中で

インスタントラーメンが年間に

1,000億食以上食べられています。

 

「百の福を手に入れられるように」

「百の福を与えられるように」

と両親が願ったかもしれませんが、

今では千億以上の福を世界に届けています。

 

百福が来て手相占いをしてもらい、ラーメンを作る

 

「⺭」4画→「示」5画で数えます。

地運20画は凶ですが、男性の場合、

幼少や思春期や青年期などの若い頃は、

周囲の人に沿ってひっそりと生きていくが、

その根底にある「誰かの役に立ちたい」

という奉仕精神は年をおうごとに強くなり

晩年にはとても大きなことができるようになる。

 


 

 

小百合

(さゆり)

 

「A-Studio 吉永小百合」

 

女優で歌手の吉永小百合さんに

代表されるように百と合で

百合(ゆり)と読ませる女性名を

つける両親はとても多いです。

 

世界で1番当たると人気の占いに小百合がきて手相をみる

 

地運15画は吉で、女性の場合だと、

自分のことは自分でやる自立心があり、

その上で余力を周囲に還元する気遣い屋。

おおらかで温かい雰囲気もあいまって、

多くの人から好かれていく。

人気のために八方美人になりやすいが、

人気業ではその才能が活かされる。

 


 

 

 

 

 

 

 

関西で最も当たると人気の占いに漢数字の千がくる

千が入った名前

 


 

 

(せん)

 

「いつも何度でも」千と千尋の神隠し

 

ジブリ映画の千と千尋の神隠しの荻野千尋は

迷い込んだ湯屋の経営者である湯婆婆から

荻野と尋をとってしまって「お前は千だ!」

と言い、湯屋で働く契約をします。

関西でno.1人気のタロット占いに千がやってくる

 

地運3画は吉で明るくユーモアがあって

笑いと人気をとることができる芸人肌。

落ち着きが無くワガママになりがちだが、

目上からは可愛がられやすい。

その反面、計画性には乏しい。 

 


 

 

 

 

 

 

 

関西で最も当たる占いで万が手相を見てもらう

万が入った名前

 


 

 

万三郎

(まんざぶろう)

 

日本の伝統芸能の1つである能楽師の

梅若万三郎(うめわかまんざぶろう)

2015年の時点で3代目だそうです。

 

東山で当たると人気の占いで万三郎が手相をみてもらう

 

地運19画は凶で、男性の場合だと、

繊細すぎてナイーブなまでの神経過敏。

気を遣い過ぎて人にうちとけずに、

人間関係の協調性に欠ける。

ただ、自分が打ち込める一芸を

身につけることでうちに秘めた才能や

感情を表現することで成功していく。

 

   


   

姓名判断をしてもらうために京都駅から徒歩10分の占いに行く

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

hr
totop