blog_view

喧嘩や争いでトラブルになった時に占いで解決する

hr
2018.04.28

喧嘩や争いでトラブルになった時に占いで解決する

 

京都で1番のタロット占い師が喧嘩の仲裁をする

どんなに仲が良い人達でも
逆に初めて会った人達でも
意見の違いや捉え方によって
喧嘩や争いになることはあり
ちょっとしたことがキッカケで
大きな争いになることがあります。
 
ただ、些細なことがキッカケでも
争いが大きくなると両者とも引けず
意地の張り合いも含めて喧嘩が
長期化することも多々あります。
そうなるとお互いに犠牲も大きく
ますます折り合いがつけられなくなり
一歩も引けない状況になります。
 
そうなった時には誰かが仲裁に入り
問題の発端から現在に至るまでの
経緯を客観的に洗い出して
仲裁してもらわなければならず
そうしてもらっても難しい
ということも多くあります。
 
そうなった時には占いをヒントにして
喧嘩や争いを治める方向性を
探り出してもいいでしょう。
 


 
京都の桂にある保育園児の相談で有名な手相占いに行く子供の喧嘩
 
元気な子供であれば誰でも
多かれ少なかれ喧嘩はするもので
逆に誰とも喧嘩しない子供だと
心配になってしまいます。
 
子供とは動物と同じで理性よりも
本能が先に出やすい生き物です。
なので、赤ちゃんはお腹が空いたら
泣いてご飯(ミルク)をもらい
お腹いっぱいになると眠ります。
保育園児や幼稚園児くらいの年代では
まだまだこの本能の部分が大きく
お腹が空いたら騒いだり喚いたり
他のことをしなくなりますし
眠くなったらそのまま寝てしまいます。
 
なので、お菓子やケーキをとりあう
喧嘩をしてみたり奪い合ったりして
自己主張というか本能のぶつけ合いを
延々と続けていくものです。
 
そして、喧嘩が終わって昼寝が終わると
さっきまでの喧嘩が嘘のように
また仲良く遊んでいたりします。
ただ、また何かがぶつかるとすぐに
喧嘩になって、それが終わると
また仲良くなって…という繰り返しです。 
そういう意味では子供の喧嘩とは
健康である証拠といえるでしょう。
 


 
喧嘩の仲裁をタロット占いで解決するために京都に行くカップルの喧嘩
 
若い男女は仲が良いのか
悪いのかわからないような
どうでもいいことで喧嘩をして
むくれたり言い争ったりして
お互いを試すかのようです。
「他の男と会話をするな!」
「他の女と笑わないで!」
など、過度な束縛もしたりして
お互いを惹き付け合いたくなり
自己満足な要求が耐えません。
ノロケのような喧嘩をする事が
仲が良い証拠とも言えます。
  


 
滋賀の大津から親子喧嘩の占いをするために京都に行く

親子の喧嘩
 
親と子供の喧嘩というものは
生涯を通じてあるものです。
 
保育園児から幼稚園児に上がる頃に
子供に自我が芽生えて自分の欲望
を感じて動き出す頃に第一次反抗期
としての喧嘩がまずあります。
ただ、これは喧嘩と言うよりは
子供へのしつけとそれに反抗する
子供の動物的なエゴとの争いです。
親としてはこの段階で甘やかさずに
しっかりしつけをしたいところです。
 
次に小学校の高学年から中学生にかけて
第二次反抗期がやってきます。
この頃になると思春期もやってきて
男や女としての行動も芽生えてきて
勉強や部活や友達や恋愛などの
色んな問題がごちゃまぜになって
本人を取り巻いているので自分でも
ワケのわからないことを言っています。
この頃は親としても特に神経を使い
的確に注意すると同時に本人の意志も
引き出してひねくれた方向への逃避を
避けていきたいところです。
 
また、高校卒業のシーズンにも
進路のことで大きく揉めます。
社会人として働きだすか、学生として
大学進学や専門学校に通うか
受験失敗すると浪人時代がやってきたり
受かったのにあまり学校にいかずに
授業料をムダに払ったりもします。
 
社会人として給料を稼ぐようになると
親子の喧嘩はある程度収まってきます。
というのも、子供側は親の給料の
お世話になっていないので自分の意志を
そのまま言動にできるからです。
 
そのような感じで親と子供の喧嘩は
親のしつけと子供の自我との争いです。
ただ、それも子供が自分で収入を稼げば
だんだんなくなっていくのです。
  


 
京都の烏丸の会社員が職場相談のために手相占いに行く仕事の喧嘩
 
仕事の仲間である同僚との喧嘩は
非常に見分けがつきにくいのが
特徴ということができます。
 
営業マンが売上争いを激化させて
いがみ合いながら数字をあげるのは
喧嘩ではなく相互向上と言えますし
研究者同士が張り合って素晴らしい
研究を発表し合うのは切磋琢磨と
言うことができますし、事務職の人が
処理スピードを競って仕事を効率化
することも全体としてプラスです。
つまり、職場にとってプラスになる
喧嘩であれば良いということです。
 
ただ、人間関係が荒れ過ぎたり
仕事の効率が落ちてしまうのであれば
それは職場にとってマイナスなので
無意味な喧嘩なので制裁されます。
 
結局、結果や成果になればOKなのです。
  


 
滋賀の大津から京都の東山に有名なタロット占いにいく年輩の喧嘩
 
人は年をとればとるほどに
自分を曲げることが難しくなり
些細なことでも対立してしまい
譲り合うこと無く先々まで
喧嘩を引きずってしまいます。
 
お互いに自分が正しいと確信
しているので、折り合うことは
なく、ただ諦めるだけです。
そのような感じで年輩同士の喧嘩は
ただただ妥協点を探すのみです。
 
なので、意見を押しつけ合うのではなく
そもそも理解し合うことは無いと諦めて
利益の共存を目指していきましょう。
  


 
大阪の枚方で遺産相続争いをする兄弟が京都で1番の占いに行く遺産相続
 
遺産相続での争いは喧嘩と言うより
むしろ戦争と言っても過言ではなく
醜い争いが何年も続くことになります。
 
そして、遺産相続での争いはなにも
金持だけの問題ではなく中流家庭や
あまりお金がない家族にも起こります。
 
というのも、亡き両親が住んでいた
一軒家を誰が継いで税金を払うのか
というようなプラスではなくむしろ
マイナスを押しつけ合う形もあり
遺産相続はモメにモメまくります。
 
そのせいで仲が良かったはずの
兄弟姉妹の間に亀裂が入ったり
その配偶者がしゃしゃりでてきて
問題をもっと荒らしていきます。
 
なので、両親の義務は子供達が
ムダな争いをしないように
生前にキッチリと遺産相続を
終わらせてスッキリさせることです。
 

 


 
京都で1番有名な占い師が裁判で勝つ裁判
 
当人同士の話し合いで折り合いが
つかない場合には法律によって
決着をつけることになります。
 
主に身内同士の離婚調停や
それでも決着がつかない場合の
離婚裁判が意外と多いです。
 
また、前述したような遺産相続も
こじれまくってから法律によって
仲裁されるケースが多いです。
 
また、実際には裁判にはならないが
法律的処置を見せつけることで
自分の主張が通るケースが多く
示談に持ち込むことがあります。
  


 

喧嘩中の人が京都で有名な占い店にいく

 

文章での争い
 
メール・LINE・文書など活字
でやりとりをしていると
喧嘩になったり、雰囲気が悪く
なって仲違いになることがあります。
 
というのも、お互いに文章力が
無い場合には、言葉足らずや
言葉の間違いや、読み取る方の
読解力の欠如によって発生します。
   
なので、お互いに直して欲しい事や
自分が欲しい要求やお願いは
文章が苦手な人は電話や直接会って
誤解の無いように伝える方がいいです。
 

 


    

京都で1番の占いでよくある相談を見る

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
totop