blog_view

進路を色んな占いから考えてみる

hr
2015.01.29

進路を色んな占いから考えてみる

 

京都の占い処Key&Doorでよくある進路占い  

いきなり質問ですが…

 

学生のみなさん

進路は決めていますか?

進路決定は、段階によって

悩みは違ってきます。

 

  


 

京都大学に合格した人が手相占いにいく

合格しました!

 

合格したら、卒業までの時間を数えて、

自分の自由になる時間を把握して、

有効に使っていくといいでしょう。

 

合格のプレッシャーから早く解放された

ということは他の人よりも優位です。

 

気楽に遊んだり、自分にご褒美をあげて

次の挑戦までに力を充電してもいいでしょう。

 

入学や入社してから必要になることを予測し、

前もってできるだけの準備をしておき、

周囲よりも1歩先を目指しても良いでしょう。

 

進路と直接関係のない勉強や資格を目指して

自分に「プラスα」をつけてもいいでしょう。

 

友達やクラスメイトのために手伝えることを

率先してやっていってもいいでしょう。

 


 

大阪の枚方から京阪七条駅近くの占いにいって進路を決める

 

決めてます!

 

進路が決まっていれば、後は進むだけ。

なるべく最短で効率よく合格を目指し、

邁進していくだけです。

試験日や面接日が決まっていれば、

それまでの時間を逆算して、

 

「いつまでに何をしなければいけないのか?」

 

をきちんと把握しておくことで、

切羽詰まって焦る危険を避けられます。

 

合格までの道のりを明確にイメージすることが

その後の人生にも大きく役に立ちます。

 


 

京都で1番当たる姓名判断で仕事を決める

 

9割決まってます

 

ほとんど決まっているけど気がかりがある

という場合には、その1割に目を背けず

自分で考えることが必要です。

 

なぜなら、その1割が頭に残っていると、

9割どころか、5割の力しか出ない時も

あったり、後で1割から3割になったり、

時には逆転して9割になってしまって、

進路を考え直すことになったりします。

なので「9割決まっている」というのは、

「決まっていない」のと同じです。

なので、しっかりと決定するまで

考えないと後々に影響します。

 

まずは、「何が気になるのか?」

 

を、ノートに書き出しても構いません。

 

そして、気がかりへの答えを出すことで

やるべきことに集中していけます。

 

場合によっては進路変更しても構いません。

 

自分の意図と違う道に進んでしまうと、

そこから修正する労力がかかり披露してしまい

肝心な道を進む力がなくなってしまい、

結果的にどちらも挫折しかねません。

 

決定まで悩むことは悪いことではありません。

決定してから変更することに比べたら、

今のうちに変更する方が何倍もマシです。

自分が納得するまで考えてみてください。

 


 

進路を迷っている人が関西で1番当たる手相占いに行く

いくつかの道で迷ってます

 

いくつかの選択肢で迷っているときは、

決まっていなくても悪くありません。

 

まずは、いくつかある選択肢を

ノートに書いたりして並べてみます。

そこに進みたい理由を書いていきます。

逆に、そこに決め切れない理由も書きます。

 

次は外部からの意見を集めます。

自分の知らない情報を仕入れるためです。

周囲の人に聞いたり、インターネットで

調べたりしても構いません。

その進路を選んだ人に直接話を聞けたら

それは大きな意見になります。

 

そして、それらを全部比べながら考えます。

 


 

進路選びで迷う人が大阪の葛葉から京都にやってくる

かなり迷っています

 

かなり迷っている時というのは

選択肢を絞り切れていない状態で、

自分で自分の進路決定への条件が

決まっていないことが非常に多いです。

 

まずは、興味のあることややりたいこと、

イヤなことや避けたいことを書いて、

自分の気持ちを確認してもいいでしょう。

物事を決めるときはプラス面から考えますが

マイナス面からも考えると、意外と早く

答えに辿り着けたりもします。

 

ただ、何もかもがイヤで逃げまくると、

一番イヤな道に辿り着くこともあります。

例えば「何もしたくない」からといって、

安易にニートを選んでしまうと、

「欲しい物が買えない」という状態になり

欲しい物が手に入らない人生になります。

 

また「人と関わりたくない」からといって

引きこもりになってしまうと、

出会いがないので「異性と付き合えない」

という状態になりずっと独りです。

 

なので、避けたいことを考えた時には、

それによって悪いことにはならないかを

しっかり考える必要があります。

 


 

ニートの人が就活の相談で占いに行く

 

進路を考えるのがイヤです

 

ハッキリと言い切っちゃってるところが

潔くて、ある意味スゴいです。

京都の占い師HAMAは逆に褒めます。

 

確かに、進路を考えると億劫になります。

ただ、進路というのはいつかは

考えなくてはいけないものです。

 

何も考えずに流されていったら、

落とし穴に落ちて「ハイお終い」

ということにもなりかねません。

 

進路を考えたくない人に言うならば、

 

「どの道いつかは考える。だとしたら、

 落とし穴に落ちる前に考えるか、

 落とし穴に落ちてから考えるか、

 まずはそこから選んでください」

 

と京都の占い師HAMAは言うでしょう。

 

ちなみに、落とし穴に落ちてから考えると、

落とし穴から這い上がる方法も余分に

考えなければいけないので手間が増えます。

 


 

    

あなたは今どの段階でしょうか? 

…というか迷って当然で、なぜなら

大人になっても決められない事は
星の数程たくさんあります。

 

人は選択肢が多いと

それだけで疲れてしまいます

 

 

例えばご飯を食べに行って

メニューが10個と2個では

決めるまでの時間や

選ぶ労力が違うでしょう

 

 

 

 

1950年代は

進学なんてできない時代

高校に行けない子供もたくさんいた

学校に行けない子供は働いた

選ぶことなんてできなかった

 

 

 

 

1980年代は

バブルの時代

そこにいるだけで良かった

勉強や努力などしなくても

卒業すれば就職できたし

給料は勝手に上がった

何を選んでも全部良かった

悩む必要は無かった

 

 

 

 

2000年代〜は

選択肢が溢れ過ぎている

どこでもいいなら

就職も進学もできる

 

 

ただ、未来の保証はない

その先もまた選択の繰り返し

 

人生を選べるのはすごく良いこと

ただ、ものすごく怖いことです。

だからこそ進路に迷うのは当然です。

決められなくて当たり前です。

自分で自分がわからなくなります。

  

 

そんな時は

京都の占い処Key&Doorの

占い鑑定師HAMAに

相談してみてください

 


 

京都の大学生が自分を知るために手相占いに行く

能力&適正を知る
 
まずは自分の能力と適正を知る
ということが第一歩目です。
「才能よりも努力が勝つ!」
ということはあるのですが
「そもそも適正があればより良い」 
という風に考えるといいでしょう。

そもそも適正が高ければ少ない努力で
平均よりも高い成果がでてきますし
同じ努力の時により大きな成果を
あげることもできるでしょう。
 
例えば、身長が低いよりも高い方が
モデルにはプラスになるでしょうし
バスケットボールやバレーボールでも
大きな活躍しやすくなります。
背が低いモデルもたまにいますし
バスケットボールの背が低い選手で
ポイントガードとして一流の人や
バレーボールのセッターやリベロも
いたりしますが、少数の狭き門です。
 
なので、基本的に自分の能力や適正を
活かす方が人生は進みやすいのです。

 


 

京都で1番当たる手相占いに転職相談に行く

自分の理想を知る
 
自分が何が向いているかも
大切な要素ですが自分がどんな
仕事をしている自分を理想として
目指しているかを考えます。
ただ、こういう時には広く考えて
「仕事なんかしたくない!」
ということも理想像の1つですし
「結婚して主婦になりたい!」
という選択肢もあったりします。
それも理想の一つだと言えます。
それが理想ならば結婚しやすく
いい出会いがありそうな仕事場に
就職するのもよいでしょう。
 


    

京都で1番の占いでよくある相談を見る

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
totop