blog_view

フィギュアスケートの羽生結弦を占いシテミル

hr
2015.10.20

フィギュアスケートの羽生結弦を占いシテミル

 

「羽生結弦カナダオーダムクラシック」
 
 

「フィギュアスケートの王子様」と呼ばれる

羽生結弦を京都の占い師HAMAが

勝手に占いシテみます。
 


 
生年月日で占いをする
 
羽生結弦の誕生日を京都式陰陽五行でみる 
【性質】

組織やチームのような団体で活動するより
ソロやピンなどの個人活動をすることで
自分のポテンシャルを発揮しやすくなります。
それは「自分勝手」や「自己中心的」よりも
「自分の世界に籠る」や「自分の世界を創る」
というような「自己実現」や「自己表現」と
いう感じの周囲に害を出さないタイプです。
「自分の精神や想いを自分の努力で支える」
つまり努力や成果によって精神が決まる感じで
「努力によって成果がでたから自信になる」
というまともな自信の持ち方をします。

 
【仕事】
大勢で協力して物事を進める仕事よりも
単独でそれぞれマイペースで仕事をして
結果を持ち合って評価を受けたり、
そのまま個人で評価される仕事の方が
自分にしっくりきやすい感じです。
もしも組織やチームで仕事をすると
 
1人なら120%の力が出せるが
人がいると気を遣って50%くらいしか
自分の能力を発揮できない
 
というジレンマに陥ってしまいそうです。
なので、個人活動の仕事がベストです。
もしも、フィギュアスケートじゃないなら
WebクリエイターやWebデザイナーのような
自宅や小さなオフィスで個人事業を営んだり
小説家や漫画家のように架空の世界を創り
そこで色んな想像を動かすことが向いていて
営業マンのように「数字第一!」は不向き。
あるいは、自らの腕と知識を磨き続けて
その研究を患者に向けるタイプであり
山崎豊子の「白い巨塔」にでてくる
里美修二先生のような奉仕的な善意と
実直なまでに研究肌の医師になりそうです。
 
 


 
姓名判断で占いをする
 
 
何も知らない人が「羽生結弦」を見ると
「はぶ…名前は何て読むの?」という感じで
名前を読めない人もでてくることでしょう。
 
「羽生」という苗字でとても有名なのは
将棋の羽生善治さんで「はぶ」と読みます。
ただ、「羽生(はにゅう)」とも読みます。
サッカー選手の羽生直剛(はにゅうなおたけ)
が活躍したことで「はにゅう」という読みも
世間に広がり、羽生結弦選手が活躍して
「はにゅう」という読みが広がりました。
 
「結弦(ゆづる)」という名前はお父さんが
 
弓の弦を結ぶように
凛とした生き方をして欲しい
 
という想いを込めて名付けをしたそうです。
*Wikipedia参照
 
「結」は「ゆわえる」という意味があり
結婚や結納や結束や結合や結晶のように
「いくつかのものを合わせて1つにする」
というイメージをもつ漢字です。
「弦」はバイオリンなどの弦楽器の弦であり
「つる」という読み方をすることもできます。
「ゆずる」ではなく「ゆづる」と読みます。
 
 
羽生結弦 
地運20画は凶で自分感情や想像を出しにくい
人運17画は吉で意志強く自己投資により成功
外運14画は凶でモテ過ぎて恋愛に溺れる
総運31画は吉で翌に欠けるが着実に発展する
 
自分の意見や感情を吐き出しにくさがあり
思春期や反抗期では反抗が小さく見えるが
内面で大きな葛藤を抱えやすさがあります。
ただ、内に込めた炎を燃やすように
目標に向って自分を鍛錬していくことで
着実に成功を手にすることができそうです。
恋愛では、自分が望む以上に愛情を注がれ
それに応えようとして自分が消耗したり
相手の手の内でもがきまわることになるので
相手選びが最も重要となりそうです。
 


 
手相で占いをする
 
京都の占い師HAMAが羽生結弦の手相を鑑定する

 

*2014年ソチ五輪時の写真を元に作成
 
 
【感情線】…ピンク色の線
右手も左手も感情線の上がりは少なめで
つまり感情の上下の幅が少ないようです。
これは感情が無いということではなく
何かを思ってもその瞬間に爆発したり
理性を超えて感情が発散されにくく
クールだとか穏やかだと見られます。
 
【知能線】…青色の線
左右でまったく違った形をしています。
左手はほぼ真横になっていますし
右手は切れたり2本あったりしています。
これはニーズを捉えた堅実さや手堅さを
重視した着実性のあるリアリストな
考え方をベースに置いたいっぽうで
「チャレンジ精神」や「アイデアマン」
としての一面もプラスしていく方です。
なので、競技者として課題をこなしつつ
アイデアやイメージを表現して構成をする
振り付け師としての能力も高そうです。
なので、将来的には自分で振り付けを
考えて構成し、自分で演技をしそうです。
 
【生命線】…赤色の線
左右ともに生命線は短めです。
ただ、「生命線短い=寿命短い」は
通説としてありますが実は間違いです。
また、生命線は切れていますが
もう1本外側にでていますので
元々少ない健康と体力がUPした感じです。
 
【太陽線】…オレンジ色の線
右手にはなさそうですが左手には
斜めに長い太陽線があります。
人からの人気やサポートがあることを
しっかりと認識していそうです。
これは自意識過剰というよりは
むしろ謙虚で周りの人達の支えを
しっかりと理解していそうです。
 
【金星帯】…紫色の線
センスや魅力を発揮する能力が高いです。
ただ、異性に対してだけというよりも
もっと広くパブリック的な魅力を表現して
自分のセンスを広めていきそうです。
これは元々生まれもってあったというよりは
フィギュアスケートをやっているから
後で出てきた線ではないかとみます。

  
【まとめ】
若くしてすでにかなりの成功を収めていて
競技者として周囲から認められていますが
まだまだ使っていない才能がありそうです。
特に表現者としてのポテンシャルは
競技者の域を超えて発揮できそうです。
健康や体力も増していきそうなので
その辺りも安心できそうです。
 


 
吉方位で占いをする
 
吉方位 
2014年ソチオリンピック時には
2014年2月3日21時頃に
羽生選手は現地入りをしています。
そして見事金メダルを獲得しました。
時年×自年=大大吉  時年×自月=凶
時月×自年=大大大吉 時月×自月=凶
これは、かなり方位の運が味方しています。
ちなみに2月4日から年と月の運が変わり
吉方位の運勢も変わってきます。
 
 
 
2014年11月7日〜9日にかけて
中国の上海で中国杯が開催されました。
その日程の前に現地入りをしています。
羽生選手はショートプログラム2位で
フリースケーティングに臨みますが
演技直前の6分間練習の時に
中国の選手とぶつかって流血+脳震盪
をおこし満身創痍の状態で出場して
見事に2位銀メダルを獲得します。

 

「2014年中国杯 羽生結弦」
 
2014年10月の運勢でみてみます。

時年×自年=吉 時年×自月=吉
時月×自年=凶 時月×自月=凶
吉が50%というところです。
どちらかというと良い方位になりますが
ソチに比べると少しダウンします。
 
 
 
2018年韓国の平昌(ピョンチャン)で
冬季オリンピックが開催されますが
「いつ」「どこから」現地入りするか
で方位の運勢はかなり違ってきます。
これは平昌に向って移動をしていく時に
日本のどこから出発するかで
西になるのか、北西になるのか
という方位が変わってきます。
また、2月3日と2月4日では
年と月の方位運が変わってきます。
なので4パターン用意してみました。
 
名古屋〜九州から(北西)
2018年2月3日までに現地入り
時年×自年=吉 時年×自月=凶
時月×自年=凶 時月×自月=大凶
 
名古屋〜九州から(北西)
2018年2月4日以降に現地入り
時年×自年=大吉 時年×自月=大吉
時月×自年=大凶 時月×自月=大凶
 
東京〜東北地方から(西)
2018年2月3日までに現地入り
時年×自年=吉   時年×自月=大吉
時月×自年=大大吉 時月×自月=大凶
 
東京〜東北地方から(西)
2018年2月4日以降に現地入り
時年×自年=吉 時年×自月=凶
時月×自年=吉 時月×自月=凶
 
これらを見てみると最もいい移動は
1位…東京〜東北から2月3日まで
2位…名古屋〜九州から2月4日以降
3位…東京〜東北から2月4日以降
4位…名古屋〜九州から2月3日まで
という感じになりますので、
2月3日までに東京〜東北から
現地入りしたいところです。

 


 
タロットカード占いをする
 

カップのナイトが京都駅近くの占いに行く

カップのナイト
 

ワンドの9が怪我をしながらも立っている

ワンドの9
 
京都の占い師が大アルカナの星を引く

大アルカナ17番の星
 
 
 
美しく勇敢な青年でありながら
慎重に状況を把握する冷静な眼があり
困難に出会って倒れても立ち上がり
チャレンジを止めない強さを持ち
輝く才能を遺憾なく発揮する様子から
この3枚を選ばせていただきました。

   


    

有名人の鑑定サンプル一覧をみる

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

hr
totop