blog_view

ペンタクルを片手に馬上で待機するペンタクルのナイト

hr
2015.02.04

ペンタクルを片手に馬上で待機するKNIGHT of PENTACLES

 

 

 絵を見てみよう

 

 

この騎士はどんな人物でしょうか

占いを京都で営むHAMAが解説するペンタクルの騎士

 

騎士が遠くを見つめています

 

右手にペンタクルを持っています

 

黒い馬は一歩も動いていません

 

というか騎士のカードは4枚ありますが

 

黒い馬に乗っているのは

 

この効果の騎士だけです

 

緑のある土地から緑が無い土地を

 

見つめていて戦況を見ながら

 

チャンスを待っているかのようです

 

 

 

エピソード

 

余談ですが黒い馬と言えば

 

 

ディープインパクト

 

「ディープインパクト&武豊」
 

黒い馬=速い馬というイメージがあるのは 

京都で占い師をしているHAMAだけでしょうか?

意外なのはその速そうな馬が

脚を止めてじっとしていることです

もちろん騎士が手綱を引いているからですが…

「能ある鷹は爪を隠す」と言いますが、

この絵は興味深いところがあります

 

 

邪王炎殺黒龍破 

 

「幽遊白書 飛影vsゼル」
 
1990年代の人気漫画である幽遊白書の
飛影の必殺技である邪王炎殺黒龍破は
相手を焼き尽くしてこの世に影しか残さず
跡形も無く消し去ってしまいます。
よく見ると黒龍に意志があるように見えます。

 

「幽遊白書 飛影vs武威」
 
ただ、黒龍はただの飛び道具ではなく
術者の能力を爆発的に高めるエサであり
獰猛でコントロール不能な野生獣ではなく
術者の従順なペットであるのです。
 

 

このタロットカードは

コートカードの

「KNIGHT of PENTACLES」

(ペンタクル)硬貨の騎士

と呼ばれています。

 

 

孫武が中国から日本の京都に手相占いにやってくる

孫子の兵法
 
中国の有名な古い兵法書があります。
「孫子の兵法」という戦争の教えです。
孫武という人が書いたのですが
戦争に勝つための勝利の方程式です。 

京都で有名な占い師が孫子の兵法を用いる

特別な秘策が書いてあるというより
ごくごく当然で当り前のことが
ストレートに書いてありますが
しっかりとした裏付けや理由もあり
現代日本ではビジネス書として
利益をあげるために使われます。
 
その中にはやたらと戦争をしかけず
相手を知ることが大切とあります。
 

 

 

HAMAのイメージ

 

京都の占い師HAMAは

 

この黒い馬が走りだしたら

 

かなり速そうに見えます

 

ただ、豊かな土地にいるこの騎士は

無理矢理に相手の領土を侵すつもりは

全くなさそうに見えます

 

自分はただ、この土地を守るために

戦うだけで、侵略が目的ではないことを

ちゃんと理解しているからこそ、

馬をとめているのではないでしょうか?

 

 

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

 


 
コートカード一覧
 

・ワンドのキング

・ワンドのクイーン

・ワンドのナイト

・ワンドのペイジ

  

・カップのキング

・カップのクイーン

・カップのナイト

・カップのペイジ

  

・ソードのキング

・ソードのクイーン

・ソードのナイト

・ソードのペイジ

  

・ペンタクルのキング

・ペンタクルのクイーン

・ペンタクルのナイト

・ペンタクルのペイジ

 

 


     

タロットカード占いを得意をする京都の東山の占い師HAMA

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
totop