blog_view

色んなものをカップから想像するカップの7

hr
2015.02.02

色んなものをカップから想像するⅦ of CUPS

 

 

絵をよく見てみる

カップの7が京都で占いをしている

 

背中を向けた人が手前にいます。

影になっていて真っ黒に描かれています。

その人の前には雲の上にカップが並び、

1つ1つに色んなものが入っています。

左下にはお城が入っています。

その横には宝石が入っています。

その横には月桂樹の冠が飾られています。

その横にはドラゴンがのっています。

左上には顔があり目を閉じています。

その横にはヴェールを被った人がいます。

その横には黄色い蛇がいます。

 

 

 

 

 

エピソード

 

このタロットカードは小アルカナの

 

「Ⅶ of CUPS」

 

(カップ)杯の7と呼ばれています。

 

多彩な幻想が描かれています。

 

 

 

欲望

 

タロット占いをしてもらうために京都で1番の店に行く

自分の欲望に素直になることは
「人間らしい」と言えます。
ただ、欲望と一言で言っても
色んな欲望があります。
大切なことは自分の欲望の正体を
的確に理解することです。
その欲望を満たすことによって
自分は満足を得ることができて
その瞬間は幸せを感じられます。

 

お城

 

「ヴェルサイユ宮殿」

 

「マイホームが欲しい」という願望から

あれもこれもと叶えたいものをつけて

バージョンアップしていくと、

マイホームはお城になっていきます。

あくまで想像の世界なので、

何を思い浮かべてもいいのですが、

その極地はお城ということでしょうか。

 

 

 

宝石

 

「ホープダイヤモンド」

 

世にも珍しい青色のダイヤモンドであり

大きさと輝きが素晴らしいものであり

現在ではアメリカのワシントンD.C.の

スミソニアン博物館にあるそうです。

また、所有者に不幸が訪れるので、

「呪いの宝石」とも言われています。

病気で死んだり、一族で争ったり、

原因不明の死を招いたりと言われますが

本当かどうかはわかりません。

 

 

 

月桂冠

 

「月桂冠」CM

 

ギリシャ神話のアポロンにちなんだ祭りで

勝者に月桂樹を編んだ冠を贈る習慣により

「勝者の冠」として扱われている冠です。

 お酒のメーカーで有名な月桂冠は、

恐らくそんな意味をこめて

同社のロゴに採用しているのだと

推測することができます。

 

 

 

ドラゴン

 

「ドラゴンボール 神龍」

 

大人気漫画「ドラゴンボール」の中で

7つのドラゴンボールを集めると、

シェンロンを呼び出すことができます。

そして、神龍(シェンロン)に願いを

叶えてもらうことができます。

 

 

 

 

「世界で最も美しい顔2014」

 

女性の多くは、美しくなりたいと願い、

毎日顔もお手入れに時間をかけて、

毎日メイクをバッチリと決め、

髪の色やスタイルも綺麗に整え、

ファッションにもお金をかけて

より良い自分で家の外に出ていきます。

また、定期的にエステに通ったり、

美容室に行って髪を魅力的にして

ネイルサロンで爪も綺麗にします。

 

「人は見た目じゃない」

 

なんて説教のように言う人もいますが、

少なくとも第一印象には効果的であり、

「店の看板のように始まりは顔」

と言うことができるでしょう。

あるいは、代表やシンボルな人をさして、

「◯◯の顔」という表現もします。

 

全ては見た目から始まるというわけです。

というか、見た目は生まれもった才能と

思われがちですが、後天的な要素が大きく

何の手入れもしていない状態で綺麗なのは

幼少から10代前半くらいまでであり、

肌が荒れないようにケアするとか、

太り過ぎないように気をつけるなど、

ある程度の努力を必要とするか、

元々の生活が美に向っていないと

美しさを保つことは難しいでしょう。

 

特に20歳を超えてくると、

後天的な努力が絶対不可欠になります。

例えば、太り過ぎていないというだけで

「太らないように自制ができる人」

と、評価されますし実際にそうでしょう。

 

また、美容の努力は短期集中よりも

継続的なケアが必要なので根気や習慣づけ

ができることも証明しています。

なので、見た目に時間や手間やお金を

かけるのも性格を表していると言えます。

 

 

 

秘密

 

「フリーメイソンの秘密」

 

世界を裏で操っていると言われる

秘密結社フリーメイソンのシンボルは

アメリカのお札にも使われていますし

日本の千円札もフリーメイソンが

取り入れられているとも言われています。

ただ、全ては秘密のなかにあります。

 

 

 

ヘビ

 

「ビルマニシキヘビ」

 

古今東西で、ヘビは「神の使い」である

と信じて崇める文化があります。

確かに他の動物と比べると全く異質です。

手足がなく胴体が細長いです。

ウナギやアナゴはヒレがありますが、

ヘビにはヒレもありません。

それ故にヘビは特別扱いをされていて、

同時に恐れられてもいました。

 

 

 

四次元ポケット

 

「ドラえもん 四次元ポケットのスペア」

 

ドラえもんは四次元ポケットを使って

いろいろな道具を出してくれます。

どこにでも行ける「どこでもドアー」

空を飛べる「タケコプター」

物を小さくする「スモールライト」

活字を覚えられる「暗記パン」

他にも役に立つ道具が山ほどあります。

 

 

 

魔法使い

 

「ハリー・ポッターと賢者の石」予告

 

魔法使いは修練を積むことにより

魔法を使うことができます。

空を飛んだり、ドラゴンを召還したり

稲妻を呼び起こしたりできます。

周りの人からすれば魔法使いは

何でもできる何でも屋さんに思えますが

だからといって便利屋ではありません。

 

 

 

錬金術

 

「鋼の錬金術師」

 

錬金術は魔法のように思えますが

実は科学と物理の産物なのです。

魔法のようにゼロから物を産み出すことは

実は、錬金術にはできません。

錬金術は1Kgの炭素があれば、

同じ炭素で構成されている

鉛筆の芯である黒鉛に変えたり

ダイヤモンドに変えることはできますが

金属にすることはできません。

錬金術の基本は「等価交換」なのです。

 

 

 

手品マジック

 

「マジシャンのキラinアフリカ」

 

マジシャンのマジックを見ていると

まるで魔法を見ているようです。

ただ、必ず何かの仕掛けがあります。

けれども、あまりにもアリエナイことが

目の前で繰り広げられてしまうので

観客は魔法というしかありません。

 

 

 

聖杯を選ぶ

 

「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」
 
ハリソン・フォード主演の映画
「インディ・ジョーンズ」シリーズの
「最後の聖戦」では、インディたちが
キリストの血を受けたと言われる
聖杯を探して奮闘していきます。
色んな試練を乗り越えて辿り着いた
最後の場面で、インディたちは
たくさんの器の中から聖杯を
選ぶという試練に立ち向かいます。
失敗すればその場で命が絶たれますし
成功すれば永遠の命が手に入ります。

 

 

 

選択肢が多い

 

7股で迷う人が京都で1番当たる手相占いに行く

人は選択肢が多過ぎてしまうと
なかなか決め切れずに困ります。
というのも、2択だと直感でも
いい方を選べるのですが選択肢
が多いと選ぶ基準をまず決めて
ふるいにかけていかないと
あれもいい、これもいい、と
いう感じで一向に決まりません。
それは仕事も恋愛も同じように
3択以上は決断が難しいのです。

 

 

 

HAMAのイメージ

 

京都の占い処Key&Doorの占い師HAMAは

この絵札の7つのシンボルと雲から

とてもゴージャスではあるけれども

消えてなくなるような幻想であり、

実現するかどうかは妖しい感じがします。

ただ、それを妄想することは自由なので

後は実現するために努力をするだけです。

 

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

 


 

 
CUPS

 

 

・エース

・2

・3

・4

・5

・6

・7

・8

・9

・10

 

 


     

タロットカード占いを得意をする京都の東山の占い師HAMA

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
totop