blog_view

剣を象徴とした風のスートであるSWORDS

hr
2015.01.27

剣を象徴とした風のスートであるSWORDS

 

「ソードを紹介する」

 

 

タロットカードの中でもその絵柄から

嫌がられたり恐がられるスートですが

これもまた必要なスートであり要素です。 

痛みや辛さがあるからこそ保てるものがあり

甘さばかりでは堕落していくばかりです。

また、自分が間違っているかもしれないと

自己否定をすることは自分の成長になります。

 

 

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードのエース

ACE of SWORDS

(剣のエース)

 

4つのスートの内のソード(剣)が

シンプルかつ神秘的に描かれています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの2

 

Ⅱ of SWORDS

(剣の2)

 

両手にそれぞれ剣を持ち目隠しをした

人が海岸沿いに座っている絵です。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの3

Ⅲ of SWORDS

(剣の3)

 

ハート(心)に剣が3本刺さっていて

雨に打たれている絵が描かれています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの4

Ⅳ of SWORDS

(剣の4)

 

ソードを整えて置き、眠っている騎士が

金色に輝いている様子が描かれています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの5

Ⅴ of SWORDS

(剣の5)

 

勝ち誇ったように剣を拾い集める人と

敗北してたたずむ人を描いています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの6

Ⅵ of SWORDS

(剣の6)

 

船に乗って去ろうとしている3人が

後ろを向いている絵が描かれています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの7

Ⅶ of SWORDS

(剣の7)

 

ソードを抱えて微笑を浮かべた人が

こっそりと歩く様子が描かれています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの8

Ⅷ of SWORDS

(剣の8)

 

目隠しをして手を縛られた人が

剣に囲まれた様子が描かれています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの9

Ⅸ of SWORDS

(剣の9)

 

ベッドから上半身を起こして顔を被い、

悩んでいる様子の人が描かれています。

 


 

 

タロットカードの小アルカナのソードの10

Ⅹ of SWORDS

(剣の10)

 

10本の剣に突き刺されて倒れて

絶望的な状態の人が描かれています。

 


 

 

見ているだけでホントに自分に剣が

刺さったみたいで痛々しいです。

一気にブルーな気持ちになりそうです。

 

京都の占い処Key&Doorの占い師HAMAは

辛さや痛みや試練がないと人は

幸福を感じられないとも考えています。

本当はとても幸せな環境だったとしても

本人が当たり前すぎて幸せだと感じられず

自分が不幸だと思い込んでいるケースもあり、

自分の基準をどこに置くかによって、

感じ方が大きく変わってくるようです。

 

人の欲や傲慢さというのは知らないうちに

大きく膨れ上がることもしばしばあって、

それを戒めるために否定的な要素が

必要になってくる場合もあります。

 

 

あなたはいかがでしょうか?

 

 


 

 

Tarot Card

 

Major Arcana

 

WANDS

 

CUPS

 

SWORDS

 

PENTACLES

 

   


     

タロットカード占いを得意をする京都の東山の占い師HAMA

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
totop