blog_view

ジェネレーションギャップを占いする

hr
2015.04.24

ジェネレーションギャップを占いする

 

京都の占いでジェネレーションギャップをみる

 

「ジェネレーションギャップ」と言う言葉は、

2000年代に入ってから盛んに叫ばれ、

それまでの日本で暗黙の了解だった。

 

「黙っていてもわかる」

 

という概念が薄れつつあります。 

そうした阿吽の呼吸がなくなることを

残念がる方もいますが仕方のないことです。

なので、本来は似たような性格の人でも

生きている時代の影響でズレが出てきます。

占いの中ではその人の性格や傾向を出し、

時代背景を加味して占っていきます。

それによってお互いの間に有る溝が

性格や人格によるものなのか、

時代背景や寛容によるものなのかが、

わかるだけでもストレスが減ることでしょう。 

 

 

 

バブル崩壊前 

バブル崩壊前の京都の占い

 

バブルが崩壊した1990年くらいまでは、

マニュアル的な人生があったのに対して

それ以降の日本ではマニュアル的な人生が

必ずしも幸福ではないという疑いができて

人生の選択肢も格段に増えました。

 

 

学校では「先生の言うことは絶対」だったし

体罰があったら「怒られた生徒が悪い」だし

点数が高い者が頭が良く、低い者は頭が悪い。

大学へ行ったものが偉いという価値観もあり

上下関係も厳しい時代でした。

 

 

高度経済成長と共に企業が増えていたので

学校を卒業すれば 就職先は溢れていたので

免許や資格が必要な仕事を除けば、

誰でも仕事につくことができました。

また、正社員で終身雇用が当たり前の時代で

年功序列で給料が上がっていく時代でした。

 

 

結婚観にしても「男は結婚して一人前」や

「女は結婚と出産して専業主婦が幸せ」

という習慣だったし、近所同士でお見合い

もあったので望めば結婚できるのが当然。

結婚後は女性は「寿退社」で退職して

専業主婦になるのが一般的でした。

 

 

「コミュニケーション」としては、

会って話すのが当たり前だし、

伝えたいことは手紙でやりとりをしました。

電話は固定電話が1台あるだけで

インターネットやパソコンは少数派であり

携帯電話も1部の人だけが持っていて

多くの人は携帯電話を持っていませんでした。

上下関係は厳しく、男尊女卑の名残があって、

娯楽もテレビを中心になっていました。

 

 

なので、ほとんどの人が同じ道を歩んでいて

住んでいる地域の影響を強く受けていて

テレビが話題の中心にあったので

「だいたい同じ情報と価値観を持っている」

という雰囲気がありました。

 

 

 

バブル崩壊後

バブル崩壊後の京都の占い

 

 

バブル崩壊後は学生から社会人から結婚まで

人生のどこを切り取っても選択の連続で

何を選べば正しいのかがわからなくなり、

正しいことが間違った結果になったり、

間違ったことが正しい結果になったりして

「よくわからない」「先が見えない」

という時代の流れになっています。

 

 

学校で優秀な成績をとることが必ずしも

褒められることではなくなってしまい、

生徒同士の助け合いができる子供が

評価されたり、提出物をちゃんと出していれば

点数が悪くても評価を受けたりします。

「点数をとっても評価されるとは限らない」

という感じの雰囲気があったりします。

ただ、ゆとり教育が微妙だとわかった後では

「やっぱり点数を獲ることが大切だ」

と、再認識する雰囲気もでてきたりして、

教育方針は地域や学校によって大きく違い、

何が評価されるのか基準を見つけることが

なかなか難しいところではあります。

 

イジメや引きこもりや自殺や体罰も問題視され

辛い思いをしてきた人は救われるケースもあり

良い面も有る一方で、モンスターペアレントや

地域やPTAや教育委員会からの指導によって

現場の教師が辛い思いをすることもあります。

 

 

仕事では、終身雇用が未だ有利な組織もあれば

転職を繰り返してキャリアアップする人もいて

個人で会社を興して活躍する人もいます。

また、一芸があればそれだけで収入になったり

引きこもってゲームやパソコンをしていた子が

ネットやゲームの分野で成功を収めたり、

株や不動産や外貨を一般の人が売買できるので

専業主婦がフルタイムの夫よりも稼いだりして

少しのことで上下したりする時代です。

 

 

結婚観も変わり、というよりも出会いが変わり

ネットやケータイで出会うことができるので

今まで一度も会ったことない遠方の人と会って

結婚することもできるようなりました。

お見合いも近所の人だけでなく日本全国から

世界中の人々ともお見合いをすることができ、

出会いは無限に広がっています。

その一方でご近所さんや友達や同僚といった

実際に近くにいる人との繋がりが薄れてきて

「隣に住んでいる人が誰だかわからない」

ということも起きています。

 

また、一生独身で生きていく人もいますし、

結婚はしないけど恋人やセフレがいたり、

結婚したけどすぐに離婚して独りになったり

はじめからシングルマザーを目指す人や

入籍はするけど一緒に暮らさない夫婦もいて

男女関係の形が多様になっています。

 

 

「コミュニケーション」も大きく変わり、

インターネットなどの通信機器が発達して

遠くの人ともすぐに安く電話できたり、

タダでテレビ電話ができたりして、

昔の人からすれば魔法のような時代です。

なので、隣の家の友達とは遊ばずに、

ネットでアメリカの人と遊んだり、

コスプレや同性愛などのマイノリティーな

人間関係も見つけることができたりして

自分が望む人間関係だけを作ることができて

摩擦の有る人間関係をうまくやりくりする

コミュニケーション能力が薄れています。

 

 

 

ジェネレーションギャップ

が出る習慣や物事

 


 

京都の占いでみる年功序列

年功序列

 

学校や会社で年が上というだけで態度がデカく

年が下というだけで従わなければならない。

ということは、年代によっては当たり前だし、

「絶対にあり得ない」という年代もあります。

と言うか「年上なら器の大きさを見せろ!」

と言いたいところですが、そんなこと言ったら

尚更責められますし、何を言っても、

「目上の人の言うことは黙って聞くもんだ!」

という感じでさらに怒られそうです。

 

サッカーなどの世界的なスポーツの世界では

年齢や経験年数よりも実力が問われるので

上下関係は無いか、あっても薄いです。

そうした影響なのか学校でも上下関係が薄れて

悪く言えばナァナァな関係ですし、

良く言えば垣根の無い関係と言えます。

「ゆとり世代」とも言われた若い世代は

年功序列に価値を感じていないでしょう。

 


 

サービス残業がない京都の占い師HAMA

 

サービス残業

 

定時で帰らずに遅くまで働くのが当然の時代は

サービス残業という言葉はありませんでした。

そこから労働基準法の時間外労働が叫ばれて

それを守らないことが変だという習慣になり

口に出すようになってからできた言葉です。

 

団塊世代の感覚で言うと

「仕事が終わるまで働くのは当たり前」

 

バブル世代の感覚で言うと

「サービス残業だけど給料高いからOK」

 

バブル崩壊後世代の感覚で言うと

「サービス残業はアリエナイから訴える」

 

ゆとり世代の感覚で言うと

「っていうか定時の契約だから帰ります」

 

という感じになるのですが、もちろん、

人によって意見や感覚は違うでしょう。

 

 


 

京都の占い師HAMAの奢り

 

奢りvs割り勘

 

「デートは男が女に奢るもの」

「飲み会は上司が部下に奢るもの」

「収入が少なくても年上が年下に奢る」

「どんな時も1円単位で割り勘」

など、支払いのルールはその人の価値観や

人間関係が影響する所があります。

ただ、世代によって偏りがあるようです。

 

団塊の世代やバブル世代の方々は

「デートは男が女に奢るもの」

「飲み会は上司が部下に奢るもの」

「収入が少なくても年上が年下に奢る」

という価値観が多いように思います。

性別や上下関係などのプロフィールで

支払いが分けられる傾向があります。

 

逆に、バブル崩壊後の世代では、

「デートは対等だから割り勘」

「恋人同士なら1軒ごとに奢りあう」

「借りを作るのがイヤだから割り勘」

「奢りを許すと体も許すと思われる」

「好きな人には奢る。それ以外は奢られる」

という意見があったりもします。

気持ちで決めていたり、払われる方がイヤ

というように基準がわかりにくいです。

 


 

給料の3ヶ月分の指輪を渡す京都の占い師HAMA

 

給料の3ヶ月分

 

「給料の3ヶ月分ってナニ?」

という人もいることでしょう。

そんな人のために解説しますと、

1970年代に婚約指輪の宣伝文句で

「婚約指輪は給料の3ヶ月分」

という キャッチコピーがありました。

なので、男性が指輪を出して、

「給料の3ヶ月分だよ」

という言葉を言ったら

「僕と結婚して欲しい」

というプロポーズをしているのです。

ただ、この設定で指輪を買うと、

月給30万の人は90万円の指輪

月給100万円の人は300万円の指輪

月給0円のニートは0円の指輪

という感じでかなりバラツキそうです。

 


 

 

京都で結婚初夜を迎える当たる占い師HAMA

 

結婚初夜

 

「婚前交渉」をしない習慣の結婚の場合、

結婚初夜とは夫と妻が初めて結ばれる瞬間で、

ドキドキワクワクの夜となります。

例えば、昔のお見合い結婚の場合や、

敬虔なカトリック教徒の場合や、

イスラム教徒の女性と結婚する場合は、

「婚前交渉をしてはいけない」という習慣が

強く浸透していますので結婚初夜が重要です。

女性が結婚初夜の翌朝に血を出していないと

処女じゃなかったとして男性から

結婚破棄を言い渡される文化もあるようです。

 

ただ、自由恋愛のカップルにとっては、

結婚初夜ならずともSEXはしていますし、

デキちゃった結婚ということもあります。

なので、結婚初夜の意味が薄いのです。

 


 

家事が得意な人が占いを京都でしている

 

家事

 

「男女平等」や「共働き」と叫ばれても

現実的には女性が仕事をしながら家事の

負担をおうケースがほとんどです。

というか、米研ぎや炊飯すらできなかったり

洗濯機のスイッチすらわからなかったり

お風呂潜在とトイレ潜在の違いですら

まったくわからない人もいます。

 

バブル崩壊前は景気が良かったので、

経済的に余裕があれば女性は専業主婦で

仕事に出ないのが一般的でした。

なので、家事だけしていればよくて、

仕事の負担や義務がありませんでした。

 

ただ、バブル崩壊後は夫の稼ぎだけでは

収入が足りないので妻も働くことで、

家庭の総収入を支えている現状です。

ただ、妻が働いて稼いでいるわりには、

家事の負担は半分ずつではなくて、

依然として妻がおうケースが多く、

夫は未だにご飯も作れないことが多いです。

妻としては理不尽に思うことでしょう。

 


 

京都の占い師HAMAが食わせてやってる

 

食わせてやってる!

 

団塊世代のお父さんが比較的多く使う言葉で

家族のメンバーがお父さんに文句を言うと

「誰が食わせてやってると思ってるんだ!?」

という言葉を言ったりします。

亭主関白だからこそ言える言葉です。

 

そう言いたくなる気持ちはわからなくはない。

月のお小遣いが1万円はザラですし、

月のお小遣いが3万円あれば多い方ですし、

10万円以上ならかなり多い方です。

ほとんどのお父さんのお小遣いは、

月給の9割以上を家族のために家に入れて

自分のお小遣いは1割程度でしょう。

独身時代で実家暮らしなら給料は

全額自分のために使うことができますから。

さらには、専業主婦で稼いでいない妻が

なぜか高い買い物をしていたら、

不満を感じることは仕方無いでしょう。

 

ただ、自分も子供時代には親に食わせてもらい

現在では家庭を持って家事をしてもらえる

ということを忘れているとも言えます。

 

また「食わせてやっている!」と言いたいなら

それなりの給料を稼がなければいけません。

 


 

京都の占い処Key&Doorでみる離婚相談

 

 

離婚

 

離婚率が年々増加傾向にあることから、

「近頃の夫婦は仲が悪いんだなぁ」

と思う人が多いかもしれません。

ただ、実際のところは、夫婦仲は関係無くて

「離婚がしやすくなった」というだけです。

 

戦前生まれの人や戦後の団塊世代では

「結婚した夫婦は一生添い遂げる」

というのが当たり前のことであり、

「離婚してバツが付くのは恥ずべきこと」

「離婚しても実家には帰らせてくれない」

という習慣があるので離婚に抵抗があり、

女性は早く結婚して外で働いたことが無い

という人も多いので生活費の心配から

離婚したくてもできないのが現状でした。

 

高度経済成長期に生まれている人は男女とも

高校を出ている人が多く、大学進学も増えて、

就職する女性もだんだん増えていきました。

結婚して出産して育児をする間は専業主婦でも

子供が小学校に行く頃から働きはじめて

中学や高校に上がるとフルタイムで働いて

生活費の足しにしたり、自分の小遣いにしたり

将来の貯金を作っていったりしています。

やりくり上手な妻だと、旦那の稼ぎで生活して

自分の稼ぎは全て自分名義の隠し口座に

貯金していつ何があってもいいようにしておき

将来の不安を失くしていったりします。

 

バブル崩壊後の夫婦だと共働きは当然のようで

女性も家事よりも仕事を好んでいたりして

働いて稼ぐ習慣が強くあります。

また、本業とバイトを掛け持ちしたり、

ネットなどを使って副収入を得たりして

積極的に収入を増やす人が多いようです。

 

 

離婚は「愛がなくなったかどうか?」ではなく

「経済的にできるかどうか?」で決まります。

現代では経済的に離婚しやすくなっただけで

昔が夫婦仲が良かったのではありません。

占いで離婚相談をよく受けることがありますが

熟年離婚を望む人はたくさんいますが、

経済的に実現できる人はそうするだけであり

「離婚したら生活がやっていけない」

という理由で断念する人が多いのが現実です。

 

また、お金がないことでムダなケンカが増えて

仲が悪くなっていくケースも多いです。

本人達は「性格の不一致」と思っていますが

「収入への不満」も大きな原因です。

 

実際にはお金で幸せになるとは限りませんが、

お金がないことで不幸を感じる人は多いです。

 


 

 

京都で水商売と占いを掛け持ちする

水商売

 

水商売への反応はジェネレーションギャップ

をものすごく強く感じます。

特に女性の水商売への反応は顕著に出ます。

 

 

戦前や戦後に生まれた女性達の反応は

「水商売をしている女は下品!」

というものが多くあります。

また、飲食店や芸能界も広い意味では

水商売に含みますがそれも下品なようです。

 

 

バブル時代に水商売が儲った時代の人々は

「水商売は一部の限られた人だけのこと」

という感覚があるようで、縁遠い人達は

別次元のことで現実ではないかのように話し、

水商売で成功した人達は口を揃えて

「あの頃は良かった。粋で羽振りがよくて…」

と、懐かしそうに逸話を話してくれます。

それはまさに夢のような話ばかりであり、

現代では考えられないこともあります。

 

 

バブル崩壊後に水商売を始めた人達は、

「楽じゃないけど、他のバイトより稼げる」

という感じで、居酒屋のバイトに比べたら

時給や歩合で収入が多くなるというように

水商売に特別感はなくなっているようです。

確かに、店側もスタッフ不足なので、

よほど悪くない普通の女の子なら採用して

働いてもらっているのが現状です。

そういう意味では水商売への垣根や壁が

無いか、薄いのがこの世代の特徴です。

 

 

さらには、平成生まれの世代になると、

テレビでキャバ嬢やホステスの特集もあってか

「将来はキャバ嬢になることが夢です」

と堂々と言って、夢にする女の子も出てきて、

煌びやかで妖しい世界に憧れています。

(失礼ですが)特別な美人じゃなくても、

ナンバーワンになっているキャストを見て

「コミュニケーション能力が大切」

という感じで、努力すればナンバークラスに

なれるという目標ができたりもします。

 

そんな感じで水商売が憧れの職業になり、

尊敬を集めている部分も大いにあります。

 

 

男性側の反応は戦前でも現代でも変わず、

「水商売の女と美味しい関係になりたい」

という感じでステータスの一部だったり、

密かな憧れになっていたりします。

これは遥か昔から変わらない傾向です。

「お金を使って女を自分のものにする」

という本能と見栄と野望は常にあり、

その形が変化しているだけの話なのです。

また「昔の人は粋だった」と聞きますが

本人の気質が粋だったのではなく、

粋な時代に生きていたというだけです。

 


 

京都の当たる占いで芸能をみる

 

芸能

 

芸能に関する意識も今と昔では違います。

 

昔の人達の感覚で言えば、

「歌手になるには才能が必要だ」

「タレントになるのは運命なんだ」

「スポーツ選手は一握りの人だけだ」

という感じで、テレビの中の世界で、

異次元の世界の住人のように見ていました。

 

また、芸能で成功した人は羽振りがよく

浮き沈みの激しさも魅力であるかのように

ハッチャケて遊んでいた人が多いようで、

一定の成功を収めた後でも努力を続けたり、

体調管理を徹底している人は少数でした。

 

 

現代では、音楽や芸人や俳優の学校もあり、

少年スポーツクラブや留学制度も充実しており

芸能の世界は遠いものではなくなりました。

特別な才能がなくても、少しだけ秀でた才能や

弱点と見られていたことでさえ注目されて、

一発当てれば時の人になったりします。

そういう意味では間口が格段に広くなり、

誰にでもテレビにでるチャンスがあります。

 

ただ、それだけに、競争率が高くて、

プロの選手やタレントになることができても

その生活が過酷で特権も少なくなっていて、

自分から辞めていく人も多いのが現状です。

プロの切符を掴むことがゴールではなく、

プロになることはスタートであって、

そこからどれだけ努力を積み上げられるかが

必要になるので楽チンではありません。

 


 

京都の占い師HAMAは先生と呼ばれたくはない

 

先生

 

学校の教員や医者や弁護士などの先生と

呼ばれる職種はたくさんあります。

そうした「先生」への意識も年代で違います。

 

戦前や戦後生まれの子供達にとって、

学校や医者は貴重なものでした。

まずは圧倒的に数が少なかったので、

東アジアやアフリカの貧しい地区のように

「医者はこの地区には1人しかいません」

というような感覚だったそうです。

また、現代では当たり前のような、

高校への進学は選ばれた子供だけのもので、

学力が低かったり収入が少ない家庭の子供は

高校へ行くことはできませんでした。

大学進学ともなると、一大事であり、

大学院に進学するとなると芸能界よりも

遠い世界のできごとでした。

なので、学校で教えている先生は

神様のような絶対的な存在でした。

また、「お医者様」も神様のような存在で

医者の言うことは絶対でした。

 

 

そこから時代が流れていくに連れて、

そうした神聖さや特別感は無くなってきて

医者にかかることや、学校に行くことは

当然のことのようになりました。

教師=公務員で安定した職業

医者=安定していて、しかも高級取り

という感じに見られたりもします。

 

 

そして現代の情報化社会になると、

神聖さや特別感は全く無くなり、

それまでは明るみでなかったことが出てきて

「教師が生徒に暴力を振るった」

「教授が生徒にセクハラをした」

「医者や看護士が医療ミスを犯した」

という風に取り上げられてしまったせいで

お客様(生徒や患者)の立場が強くなり、

先生の方が気を遣ってビクビクする立場

になってしまった感じがあります。

 

そうした傾向は利用する側としては

とても良いことだったりします。

先入観を無しにしてしっかりと先生を

見極めることで適切なサービスを

適切な価格で受けることができるのです。

 

ただ、もしもお願いをするとしたら、

先生の立場を理解してあげてください。

先生と呼ばれる仕事の人達も人間です。

時にはミスすることもあります。

怠慢や管理の甘さから生まれる失敗や

常識的かつ道徳的におかしい不祥事は

しっかりと追求する必要がありますが、

仕方のないようなヒューマンエラーや

改善の余地の有るミスに関しては、

注意に留めてあげてください。

人は過剰に責められるとチャレンジよりも

自分の保身に走る傾向があります。

 

例えば、医者が失敗を恐れると

「成功率が低いから治療をしない」

ということになったりもします。

また、失言や揚げ足取りを恐れて、

「確実じゃないけど確率の高いこと」

を言いそびれてしまうこともあります。

そうなると低い確率だけど有効なことが

行われなくなってしまってしまいます。

 


 
京都の出版社がほんの売れ行きを占いしてもらいにいく書籍
 
つい100年程前には書籍とは
活字での文章が主流でした。
しかし、1950年以降から
爆発的に漫画が大流行していき
絵がある本が読まれる時代になり
カラー印刷が可能になってからは
バブル期には写真が多く使われて
グラビア雑誌が流行しました。
また、テレビやインターネットが
普及すると小説などの活字は下火になり
本そのものが売れなくなりました。
スマートフォンでの電子書籍や
動画での視聴が主流になっています。
 
そのような感じで字から想像していたのが
しっかりしたビジュアルを提供されて
同じイメージを共有しやすくなっています。
ただ、逆に字から読み取るイメージ力が
弱くなっているとも言えます。
 


 

 

占いとは、本来はこうした背景とは

無縁のように感じられますが、

人の価値観や考え方に影響力があり、

「善かれ」と思ってやったことが、

ジェネレーションギャップによっては、

伝わらなかったり余計なお世話になったり

時には大きな誤解を生んだりします。

 

京都の占い処Key&Doorの占い師HAMAは

そうした時代背景を考慮しながら、

クライアントの人生を占っていき、

現実的に対応できる答えを出したいと

常々、心がけています。

 

 


    

京都で1番の占いでよくある相談を見る

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

hr
totop