blog_view

ひきこもりや不登校問題を占いで活路を見出す

hr
2018.04.20

ひきこもりや不登校問題を占いで活路を見出す

 

京都の学校に通う学生が不登校になり手相占いに行く学生でも社会人でもあることですが
上手くコミュニティに馴染むことが
できずに登校や出勤が億劫になり
引き蘢ってしまうことがあります。
 
そんな状態になると何もヤル気が
起きずにエネルギーを失います。
そうなると増々引き蘢りになり
社会復帰がしにくくなります。
 
そんな時には復帰のヒントとして
占いを使ってもいいでしょう。

 

京都市下京区で引きこもりの人が京都で1番当たる占いに行く

ひきこもりは不登校の占いでは
本人が来ていただくのが1番です。
 
周りの人が心配して来られる事が
多いのですが、効果が薄いです。
 
というのも、占いはカウンセリングの
延長にあるので、本人に直接伝える
ことが最も効果的だからです。
 
それは病院と同じでどんなに辛くても
本人がいなければ効果的な治療が
できないのとまったく同じです。
 
大阪の枚方から京都駅近くの手相占いに不登校相談をしにいく

もしも、本人が1人で来店不可なら
周りの人が付き添いで連れてきて
いただけるといいでしょう。
 
鑑定が1人で不安なら隣で
同席することもできますし
逆に内容を聞かれたくないなら
待合室で待ってもらうことも
できますので選んでください。
 


 

京都の進学校に通う子供の不登校で手相占いにいく

不登校
 
学生が学校に行くことを嫌がり
登校を拒否してしまうことがあり
本人は学校に行くことが地獄だと
感じて辛くなりますし、親からすると
子供の将来や世間体もあるので
どうしても学校に行かせたくなります。
 
まずは、本人がどういう理由で
登校したくないのかを理解して
問題を解決していきたいところです。
 


 
大阪の枚方で引きこもる人が京都で有名な占いにいく

布団やベッドから出ない
 
引きこもりというよりも
布団やベッドから出られない。
真冬の朝のように一歩も外に
出たくないという状況です。
これは逆にとてもスゴいことです。
ず〜っと布団やベッドにいる事は
普通の人にはとてもできません。
それができてしまうということは
逆に素晴らしい才能と言えます。
そうであるならば、それを活かして
インターネットを使うウェブ仕事や
ライターを含めた作家活動で
収入を得る事ができれば学校や仕事に
行かなくても周りを納得させられます。
 
 


 
京都市中京区に住む人が出社できず手相占いに行く

家から出られない
 
朝起きてスーツ(仕事服)を着て
朝ご飯を食べて歯磨きをして
靴を履くとこまではできるけど
家を出る寸前でドアノブが回せず
一歩を踏み出せずその場で熱が出て
倒れ込んでしまう人もいます。
 
本人には学校や仕事に行く気持ちは
あるのですが身体が拒否してしまい
なぜかわからないけど行けない
という状況になってしまいます。
 
この場合は精神的で無意識的な
出社拒否や登校拒否なので
カウンセリングにかかって
深層心理から解決していく必要が
でてくるのではないでしょうか。
 
  


 
大阪の枚方で出社拒否の人が京都駅から近い占いにいく引き返してしまう
 
家からはでることができるけど
目的地である学校や会社の前に
いくとそこから一歩がでずに
引き返してその場から離れて
近くをうろついてしまう。
そして、下校や退社時間になると
家に帰ってきて周りからは
学校や会社に行っていると
思わせてしのいでいる。
という隠れ引きこもりの方も
たまに存在していたりします。
 
これは、自分も行くつもりがあって
責任感もあるので周りに迷惑を
かけないようにするために
嘘をついているという状態です。
ただ、家にずっといたら怒られるし
親が心配して悩ませてしまうし
かといって学校や会社には行けない
という狭間にいる自分を守るために
やむ終えずとる行動のひとつです。
ただ、ここまできているのであれば
あと1歩のキッカケで解決できる
というところでもあります。
  


 
京都市の学校に通う生徒が手相占いで不登校を解決する 
不登校時の先生
 
こうした状況になった時に

まずは学校の先生が対応して
今後の方針を決めていくものですが
状況的に難しい時もあります。
教員である先生もできるケアは
やってくれますが、できないことも
とても多く、またやるべきことが
そもそも多いのが現状です。
 
学校の先生はそもそも時間が労働が
とても多いので時間の余裕が
作りにくいので考慮が必要です。
なので、担任の先生がそれほど
時間を割いてくれなかったとしても
それは仕方のないことだと言えます。
 
もしも、かなり動いてくれる先生が
いたらその先生はとてもすごいです。
ただ、そうでなかったとしても

理解をしてもらうだけでも
この後の対応が違うのでまずは
学校の先生に話してみたいところです。
 
 


 
大阪の枚方から京都駅から近いカウンセリング占いにいく
 
出社できない時の対応
 
社会人で仕事をしている場合は
不登校の時よりも選択肢が多く
逆にどうすればいいのか
わかりにくいところがあります。
 
大きな会社に所属しているなら
緊急連絡先と同じように
カウンセリング機関があります。
パワハラやセクハラやモラハラ等
社内のトラブルに対応するためで
困った時にはそこに連絡して
相談してみるのもいいでしょう。
 
また、病院などの施設にある
カウンセリングを受けるのも
自分を知ると言う意味でも良いです。
会社のカウンセリング機関に
お世話になると社内に知られてしまい
仕事が不都合になると考える方も
いるでしょうし、もしかしたら
他の社員に見られてしまう可能性も
あるのでためらいもあるでしょう。
そうした時には社外のカウンセリング
を利用することでそうした二次災害を
避けることができるのでオススメです。 
 


 
精神病で悩む人が手相占いをしてもらうために京都に行く勉強と理解
 
次の項目の「自分を知る」
ということに繋がりますが
病院やカウンセリングに
かかることで症状や病名が
いくつか伝えられるはずです。
 
そうしたら今度は自分で
書店でそれについての本を買うか
近くの図書館にいって借りてきて
勉強して学ぶのが良いです。
また、インターネットなどでも
紹介されているものもあるので
それらを閲覧してもいいでしょう。
 
というのも、精神的なトラブルは
風邪や病気と同じで自分の努力
だけではどうにもならないことも
多々あるので、まずは理解です。
例えば、骨折したときにその足を
動かしてしまうと完治が遅れたり
もっと悪化することもあります。
それと同じように精神トラブルも
まずは理解をしておかないと
ますます悪化することもあります。
 
また、一般的にもよくある症状や
病気なので同じ症例を知ることで
「自分だけが異常者なんだ…」
と思わなくてもいいことが解り
また、「治る道もあるんだ!」
と気づくことができます。
 
そういう意味でまずは自分の
症状を理解することから初めて
適切な対応をしたいものです。
 


 

京都で1番当たる占いに行って不登校の相談をする

占いに行く
 
占いは病院などのカウンセリングや
独学の勉強と違う視点によって
不登校や引きこもりに対応します。
 
まず、そもそもその学校や進路が
自分に合っているのかどうか?
また、その会社や団体や組織が
自分に適しているのかどうか?
人間関係や環境適応の能力が
自分にはどれほどあるのか?
それらを総合していくことで
自分にとって本当にガンバって
登校や出勤をすべきなのか?
あるいは他の道を探すべきか?
そこから始めて行きましょう。
  


 
京都の高校生が引きこもりになり有名な手相占いに行く  

自分を知る

 

引きこもりや不登校を解決する
第一歩目は自分を知ることです。
そもそも自分の性格や能力や傾向が
わかっていなければ、何をしても
上手くいきにくいといえます。
 
引きこもりになる傾向の最たるものは
人間関係の立ち位置が解らないことで
自分のポジションが不明だから
居場所が無いと感じやすいです。
ただ、学校や会社の仕組みに対して
自分が合わないということが解れば
自分に合う学校や会社を探して
行ってみることで自分がすべてに対して
ダメだというわけじゃないことが
わかるので復帰の一歩目になります。
 


 
京都で会社を辞めて引き蘢る人が復帰の手相占いをしてもらう

職場環境選び
 
自分を能力を知ることができたら
自分が活きる環境を選ぶことが
次にやるべきことです。
そもそも環境とは自分が合わすか
自分に合う環境を探すか
あるいは自分に合う環境を作るか
という3択になってきます。
ただ、自分に合う環境を作るには
ある程度自分にその能力が必要になり
現実的には難しいといえます。
なので、自分に合う環境を探すことが
最も近い選択肢だと言えます。
 


 
京都駅近くの有名で当たる手相占いに行く

家族関係
 
不登校や引きこもりになると
家族との関係が難しいです。
家族の立場からすれば学校や
職場に復帰して活動して欲しいし
本人の将来を考えて「行け!」
というプッシュをしていきます。
また、本人の気持ちを理解して
あえて何も言わずに引きこもりを
させておく家族もいるでしょう。
ただ、どちらにしても本心では
社会復帰して欲しいのです。
 
それがわかっているだけに本人も
家にいづらかったりします。
ただ、かといって1人暮らしを
するだけの経済力も無いので
肩身の狭い思いで家にずっといて
劣等感を感じてしまうのです。
 
まずは、本人と家族との関係性と
方向性を一致させることが必要で
協力して進んでいきましょう。
  


 
大阪の高槻から京都で1番当たる有名な手相占いに行く

他の活動をしてみる
 
学校や会社にいけないときには
あえて他の活動をやってみるのも
1つの方法ということができます。
 
習い事やクラブチームやサークルなど
義務ではない活動をする事によって
少なくとも家の外で人と触れ合ったり
コミュニケーションがとれます。
そうなれば引きこもりではありません。
また、自分の中でも矛盾と自信ができて
「サークルは良いのに学校はダメ…」
というおかしな状況になります。
ただ、それによって自分は少なくとも
一定の人間関係や行動はできるという
自信を持つことはできますし
「学校はダメだけど仕事やバイトは?」
と考え始めて働いてみると
バイトや仕事は楽しくできたりして
そうなると学校がダメということになり
だとしたら、今から社会人として
労働すれば誰にも文句は言われません。
 
また、自分は何もかもがダメではない
とわかることで自信をとりもどし
学校に復帰することもしやすいでしょう。
 


 
京都からアメリカに旅行したい人がタロット占いにいく

旅に出る
 
今の環境を一度飛び出すことで
気分転換をする事ができます。
それは日帰り旅行や1泊2日から
年単位の留学にいたるまで
色んな旅の仕方があります。
 
小さな世界の中で悩むよりも
広い世界に出ることで自分の悩みが
ちっぽけだということに気がつきます。
 
そして、新しい環境に行くことによって
今までの自分ではできなかったことも
できるようになってきます。
また、新しい自分をハッキする事で
元の環境に戻る時にも自信を持って
挑むことができたりもします。
 


 
京都駅から近くの有名な占い店に相談に行く

目上の人に相談
 
学生ならその学校を卒業した人に
相談をしてみても良いでしょう。
同じ組織の先輩ではなく既に組織を
引退している人は理解もできますが
外から見て客観的に組織の状態を
判断することができます。
また、ゴールへの道のりが解ってる
ので今の状況にハマりがちな自分を
広い目で見てもらうこともできます。
なので、一度その組織を辞めた人に
話を聞いてもらっても良いでしょう。
 


    

京都で1番の占いでよくある相談を見る

 

ご来店や電話占いのご予約はこちらをタッチ

 

京都の占い処Key&Doorのトップページにもどる

 


 

京都の占い処Key&Doorへの

お問い合わせはこちらから

  
電話 タッチするとつながります↓
 
075-755-2404

  
メール 入力して送信をタッチ↓

お名前 

 

電話番号

 

メール 

*PC系のアドレスがおススメです

 携帯アドレスは設定によってメールが届きません

 

メッセージ本文

hr
totop